2015年03月05日
2015030504
高知県 土佐市 宇佐町 宇佐 松岡港(フィッシング宇佐前)
曇り 最高12℃ 最低3℃ 大潮、満潮からの下げ五分 21:00、釣行開始。



前回の釣行で残った青虫(アオイソメ)で電気ウキ釣りを行う予定でしたが、
保存していたアオイソメに全く元気がなく。
2015030503
もし間に合えば近くの「フィッシング宇佐」で追加購入したいと考えていましたが、
残念ながら閉店時間に間に合わず。(閉店時間は20時頃のようです)

フィッシング宇佐前は長らく停泊していた大型船が出航し、釣りが可能な状態になっていましたが
魚っ気が感じられず、私の他に釣り人も全く見受けられませんでした。

この状況で元気のない青虫はちょっと厳しく思われたので、エサ釣りを中止しルアーを選択。

ロッド「シマノ ムーンショットR S1006M」
リール「シマノ 13 ナスキー 4000HG」
PEライン「YGK G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号 (30LB)」
リーダー「TORAY トヨフロン L-SE 5.0号」

これに、先日のAmazonセールで購入し、本日届いたばかりの
ルアー「ima Spingulf SG20 アカキン」の組み合わせでシーバスを狙います。

他に釣り人がいない状況なので、右へ!左へ!沖へ!と縦横無尽に投げ倒します。
明暗の境など定番のポイントを一通り攻めても反応がなく、「これは厳しいかな」と
弱気になった瞬間に明暗境のトップでッツン!と生命反応が!サッとあわせるも乗らず。
移動しようかな、と弱気になった虚を突かれ、逆に大きく早合わせしすぎた感がありました。

この後またあたりが無くなり、
「PUNCH LINE 80 裏カラー 109 ボラダスト(数量限定)」にルアーチェンジ。
これまた沖目のトップでガツ!と先ほどより強く明確なアタリが!
しかしこれも乗らず。魚っ気の乏しい中での連続取りこぼし、これは悔しい…。

再びアタリが遠のいたので、さらにルアーを
「BREADEN minimaru ミクスチャーパール 65mm 5.4g」にチェンジ。
底まで沈め、ボトムバンピング中にゴゴッ!とアタリ!
なんと!これまた乗らず…。
感触的にはルアーサイズに対して小さめのガシラではないかと。

その後アタリがなくなる。3アタリをことごとく乗せられず、かなり悔しい展開ですが、
基本、魚の気配は希薄なので、意地を張って長時間粘るのは得策でないと判断し場所移動。


2015030505
高知県 土佐市 宇佐町 宇佐 福島港
こちらも釣り人は私だけで他には見当たらず。いつもの場所に入ります。



福島港も静かなもので魚の気配がありません。気温も低いしまだまだ厳しいようで。
松岡港で投げ疲れたので、ここでは座ってゆっくり電気ウキ釣りとします。

もうかなり潮は下げており、水深は相当浅くなっているので澪筋のカケ上がりを狙います。
あまりに青虫(アオイソメ)に元気が無いためかウキにアタリも現れません。

「福島も厳しいかな…」
そんな思案をしていると、バシャッ!足元の浅瀬でボイル。
シーバスが浅瀬に追い詰めたベイトを捕食しているようです。

「よし、もう少し粘ろう」
干潮で潮の動きも止まり気味なので普段なら諦めるところですが、何か予感めいた感覚が。

はるか沖、宇佐大橋の下を、大きな引き波音を立てながら船が航行していくのがわかりました。
沖から徐々に寄せてきた大波が、そのうち私のいる防波堤にも到達して大きく派手に砕けます。

その時でした!

バシャン!
ガボッ!

寄せて来た波とは明らかに違う形と音の波紋が、其処此処の水面に現れます。

バシャバシャ!
パーン!

それは突然に、そこかしこでシーバスのボイルが止むことなく連続発生し始めたのです。
沖を航行していた大きな船の起こした波で潮が動いたことでベイトが表層で集い、動き回り
それにシーバスが反応して捕食のスイッチが入った、そんな風に見えました。

これは…!

私は電気ウキ仕掛けを片付けると、同行者のいるクルマへシーバスタックルを取りに走ります。
(足腰が悪いので、「走る」というほど敏捷な動きではないのですけれど、この時は夢中です)

完全に干潮で、普段なら海底にある岩などが露出している場所もあり、根掛りの心配があるので
フローティングの「ima komomo SF-110 紅蓮」を選択。
ボイルが発生しているエリアをしつこく攻めます。

常夜灯に照らされベイトの群れがシーバスに追い回されているのがハッキリ見えます。
かなり浅瀬、サーフ状になっている岸際までベイトを追い立てて捕食しているようです。
依然ボイルは続いているのでサーフから橋脚に投げて引いてきたりしますが、アタリがでません。

ふと、サーフの先の浅瀬に誰かが立っているのに気が付きました。
「いつの間に釣り人が…」、と驚きましたが、妙に細く、真っ白な立ち姿です。
一瞬、「見えてはいけないもの」が見えてしまったかと思いましたが、よく目を凝らすと大きな鷺です。

微動だにせず「ジッ…」と水面を見つめています。なかなか格好良く、熟練の釣り師のような佇まい。
素敵だったので写真を撮ろうかとも思いましたが、彼の釣りの邪魔をするのは無粋なので我慢。
しかし、ここでもまた、彼も私も獲物を捕らえる事はきませんでした。

波は静まり、シーバスのボイルも落ち着いてきました。絶好のチャンスでしたがモノにできず。

魚の存在を確認しては諦めきれず、アタリの出ないサーフに見切りを付け、湾の深い方へ。
ボイルはすでに収まっていましたが、ベイトの群れが入っているのは常夜灯の灯で確認できます。
これで反応がなければ今日は納竿にするつもりで、もう一度「ima Spingulf SG20 アカキン」を選択。

遠投性能を活かし、澪筋を横断するような形で、ファストでもスローでもない、ノーマルリトリーブ。
何投かしていると、澪筋のカケ上がった辺りで、


ギュン!

竿先が一気に海面へ引きこまれる強烈なアタリ!
「シマノ ムーンショットR S1006M」がガッツリ曲がっています。シーバスです!しかも大きい!
いきなり引きこまれフッキングに不安があったので、フックを貫通させるべく追い合わせを入れます。
水位が下げていることもあり、すぐに姿は見えましたが、シーバスもすぐ深みへ走ろうとします。

ギュイィィ!
「シマノ 13 ナスキー 4000HG」のドラグ音が辺りに鳴り響く、激しい突っ込み。

深みへ突っ込む重量感はすごいものがありますが「シマノ ムーンショットR S1006M」は
実に良く耐え、いなしてくれます。エギングロッドで70cmオーバーのシーバスを掛けた時は
竿が終始伸され気味でしたが、「シマノ ムーンショットR S1006M」は微塵も不安を感じさせず。
突っ込まれてもエラ洗いされても、すんなりいなし、主導権を握ってやり取りすることができました。

2015030506
サーフへ誘導し、ズリ上げで上がってきたのは美しい銀色の魚体をしたシーバス(スズキ) 67cm
(撮影後にメジャーズレを修正し正確に再計測したところ67cmでした)
2015030507
寄せては深みへ突っ込むの繰り返しでしたが、追いアワセを入れておいてよかったです。
右口唇にしっかりフッキングしていました。
2015030508
なにより嬉しいのは、Amazonのセールで購入し、今日届いたばかりの
ima Spingulf SG20 アカキン 」で釣果が出せたこと。「釣れそうなルアー」という勘が当たりました。
恥ずかしながら貧しい釣り人なのでルアーは数えるほどしか所有していないため
セールの間に他のカラーも追加であと2~3個購入しておこうと思います。

居付きのような黒さがない、回遊らしい銀色の魚体でしたので捌いて食べることにしました。
マルスズキは味のアタリハズレがありますが、この個体は引き味同様、食味も期待できそうです。

寒い時期で仕方ないとはいえ、地元では好調が聞かれず、私自身ボウズかガシラの繰り返しで、
厳しい釣行が続いていましたが、これから春に向けて釣果が上向くといいですね。


ロッド:シマノ ムーンショットR S1006M
リール:シマノ 13 ナスキー 4000HG
ライン:YGK G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号 (30LB)
リーダー:TORAY トヨフロン L-SE 5.0号
ルアー:ima Spingulf SG20 アカキン
移動距離:30km


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました