2015年03月10日
高知県は最高10℃ 最低0℃と激しい冷え込みで、日中には雪がチラつくほどでした。

本日は通院日で、その後に2日連続となる釣行を目論んでおりましたが、暴風とあまりの寒さで、
これでは体調にもよろしくないということで、同行者からストップがかかってしまいました。
残念ですが前日の疲れもあり、修行のような厳しい釣行が想像に難くないため素直に従います。

昨夜などもそうですが、状況が厳しいとわかっていても釣り場に行きたくなります。
釣れると嬉しいですし、釣れるに越した事はありませんが、海に向かい釣り糸を垂らすことで
少なからず得られる謎の満足感。釣れるのではないかという期待感?
釣り(狩猟)という行為を欲する本能?いったい何がこれほど心を掴んで離さないのでしょう?
自分の事なのにどこか漫然としていて、それでいて強烈な欲求、釣りとは本当に不思議です。

しかし、やはりというか
同じような欲求に取り付かれた猛者達はどこにでも居て、厳しいながらも釣果があったようです。


奥田釣り具さん

日中は北西の強風に雪もちらつきいっそう寒く感じた一日でした。
一文字は釣り人も2人だけで閑散としていましたが、県外から遠征されて来ていた方は
バイブレーションでスズキ(75cm)を上げていました。
残念ながら今日は青物のアタリは無かった様です。
チヌ狙いの方は目立った釣果は聞かれませんでした。
各港、堤防共に終日風が強く釣り人は見当たらず、沖の船釣りの釣果もありませんでした。
明日も早朝は-1度の予報になっており冷え込みが厳しそうです。
厳しい天候のため釣り人は僅か2人だけという一文字堤防にて、良型シーバスの釣果があったようです。

また「しんちゃんの釣り場情報」では浦戸方面の釣り場でチヌフカセ師苦戦の様子が綴られ、
「宇佐渡船の釣果情報」には水温15.3℃、釣り人は少なく、釣果はコッパグレとあり
「フィッシング宇佐の釣り情報」ではフィッシング宇佐前で15cmくらいのアジの釣果が記されています。

私も2~3投したかった!(絶対に2~3投では終わらないんですけれど・・・)
早く体調を整えて次回の釣行に備えます。


釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています
人気ブログをblogramで分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします