2015年03月12日



高知県 土佐市 宇佐町 宇佐 松岡港(フィッシング宇佐前)
晴れ 最高13℃ 最低1℃ 小潮、上げ八分 20:30、釣行開始。

今日は珍しく先行者が2組、計3名もいました。その後さらに1名増えて4名の釣り人が。
どの方向にも釣り人が入っており、松岡港の撮影は自重したため現地写真は撮れていません。

ボイルはぼつぼつでしたが、誰も魚をあげていませんでした。私も弱いアタリが1度あったのみ。
そのうち全員移動して去っていきました。私も見切りをつけて福島港へ移動します。


2015031205

高知県 土佐市 宇佐町 宇佐 福島港
こちら福島港にも、先ほどとは違う釣り人が2組の計3名。1人はシーバス狙い、2人は電気ウキでした。



タイドグラフでは満潮となっている時刻ですが、現地は全く潮位がありません。
2015031206
港湾部はボイルもほぼなく静かなもの。
写真の宇佐大橋の橋脚や浅瀬の方では、ボイルと逃げ惑うベイトの音はありましたが、私の到着と入れ違いで湾からそちらへ移動したシーバス狙いのルアーマンがしばらく投げていました。しかしアタリは出なかったようです。
私も鉄板や、今日購入したコアマンのアルカリなど、手持ちルアーをいろいろ試しましたがアタリは出ません。

そのうち潮も止まりシーバスの気配もなくなったため、クルマに戻りライトタックルに持ち変えてスロープや湾で「reins アジリンガーヴィクトリー 必殺イワシ」を投げて反応をみます。
2015031207
すると、コッ…と手元に、ほんの微かな違和感が。
「ネンブツダイかクロホシイシモチだろうな…」と軽い気持ちであわせてみると、意外にもストレートに強い引きが出現!

シマノ ALIVIOからキリリ!といい音を鳴らしながら上がってきたのは
2015031208
今年初となる20cmのアジ。とても元気で気持ちの良い引きでした。

見た感じアジの群れなど入っていないように感じられましたが、折角なので続けて投げます。
すると、プルルッ!と手元に懐かしい感触が。
2015031209
出ました、クロホシイシモチです。宇佐沿岸を巨大な群れで牛耳っているエサ取り代表魚ですね。
クロホシイシモチはワームへの反応も良好で、昼も夜も、とにかく多くて延々釣れ続けます。小さく美味しい魚でもないので釣り人泣かせです。もちろんリリース。結局アジはあたらず、ワームを食ってくるのはクロホシイシモチばかりになったので少し移動します。

2015031210
常夜灯が利いておらず真っ暗なエリアでググン!とガシラがあたってきました。
しかし、自宅の冷凍庫に調理待ちのガシラがすでに多いので撮影後にリリースしました。

このところシーバスタックルをぶんぶん振り回してばかりでしたが、久しぶりのアジと繊細なライトタックル、なかなか楽しかったです。


ロッド:Major Craft Solpara SPS-S702M
リール:SHIMANO ALIVIO 1000
ライン:34 Pinky 0.6号
リーダー:34 joint line 1.2号
ルアー:reins アジリンガーヴィクトリー 必殺イワシ
ジグヘッド:34 ザ・豆
移動距離:30.3km

釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします