ヒラセイゴ ヒラスズキ シーバス 高知
私の釣行はどうも「ゲーム」という洒落た雰囲気がありませんが、今回もシーバスナイトゲームです。

ポイント到着時、シーバスのボイルはポツポツといった感じで、ルアーをローテーションしながらキャストしますがシーバスからのコンタクトは無し。

以前ヒラメが釣れたポイントでラパラのCD9
にアタリがあり、フッキングこそしなかったもののルアーにうっすらと噛み跡。おそらくソゲサイズと判断。


シーバスのアタリが得られないまま時間だけが過ぎていきます。そして夜も更けてきた頃、海面に変化が。沖に明確な潮目が形成されており、その境で突然に無数のボイルが発生。間断のない本当に無数のボイルで、興奮気味にルアーを通しますが手持ちのルアーを2巡しても1アタリすら無し。

引いてくるルアーにベイトが当たるような感触も感じられず、いったい何を捕食しているのか?後から来たアングラーもキャストしていましたがどうにもアタリが出ないようで、諦めて帰ってしまいました。

ボイルの数は凄いのにあまりにもアタリがないのとボイルが小さいことから、「もしかして…アジ?」などと疑ってしまいましたが、ルアーケースの中にまだ投げていなかった小型シンキングペンシルのSTORM FLUTTER STICK(4cm)
があったことを思い出し、ダメ元で潮目にキャスト。

シーバスが食わない時の最終兵器として、フックサイズを上げ、そのせいで発生するフック同士の絡みを防ぐためにテールフックのみに変更してあります。ルアーのサイズが4cm、3.5gなのでギリギリ潮目に届くかどうかという厳しいところでしたが5キャスト目あたりでガツッ!とヒット。

やはりボイルの見た目通り、ヒットした魚のサイズは小さめ。一気に寄せて抜きあげます。
セイゴ ヒラスズキ 高知
チューンしたストーム フラッタースティック4であがってきたのは30cm級のヒラセイゴ。やけにヒレがボロボロです。そのせいなのか引きもあまり強くありませんでした。

ボイルはまだ続いていたのでキャストを続けましたが、小さなバイトが2度あったもののフッキングには至らず。いつもなら容赦なく食卓にあげてしまうヒラスズキですが、あまりに小さかったので今回はリリースして釣行を終えました。

今回はフラッタースティックの4cmでバイトがありましたがポイントに届かせるのが難しいので、7cm、7gとちょうど良さそうなサイズのFLUTTER STICK 7を用意しておこうと思います。7cmならそのままフック2つでもいけそうかな。

ナイトゲームなのでルアーサイズを大きくして目立たせた方がいいのか?それとも口を使わせるためにルアーサイズを落とした方がいいのか?シーバスの活性が高いのにルアーに対して反応がない時まだまだ判断に迷いますね。もっと釣行して経験を積みたいです。


釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします