エンヴィ125 邪道 藤沢周郷 シーバス ベイト
邪道 エンヴィ125は、藤沢周郷さんが開発に携わったシーバスルアー。これまでのEnvyの泳ぎはそのままに、デッドスロー時にハイピッチなタイトロールが加わったニューモデル。レンジ0~20cm付近とシャローで真価を発揮。引き波系のルアーでは珍しい「S字に頭を振りながら引き波を立てる」という点が最大の特徴として語られています。また頭部がカップ状になっており、程よくライトなスプラッシュを狙って立てることも可能。(重量15.7g、全長125mm、写真は従来のエンヴィで、エンヴィ125は3フックになります。)

単なるサイズ違いではなく、エンヴィ125は独自のアクションとなっています。Envy 95がサヨリ、Envy 105がバチ、デッドベイトを演出するのに対して、Envy 125は引き波やスプラッシュやウォブンロールで、よりベイトを意識した演出に仕上がっています。





サイズの割に大人しくアピールを抑えた動きから、操作によってアグレッシブに誘って食わせることまで、ルアーを操る楽しさがあります。


邪道 Envy 125 (演出:ベイト、バチ、重量:15.7g、サイズ:125mm、3フック

邪道 Envy 105 (演出:デッドベイト、バチ、重量:11.1g、サイズ:105mm)

邪道 Envy 95 (演出:サヨリ、重量:9g、サイズ:95mm)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします