エイ 料理 八丈島 アウトドア
黄色と黒のヤバイ奴、ゴイシウミヘビを食べたツワモノ、「アウトドアをやろう!」の旭さんが八丈島のちょい投げで釣れたエイを美味しそうな感じに調理されていたのでご紹介。エイは尻尾に危険な毒針があるので注意しましょう。

エイの煮つけ ヒレ
圧力鍋を利用してエイのヒレとネギ、生姜を調理しました。美味しそうですね!

旭さん曰く「食感がトロガレイの煮つけに似ている」との感想。さらに箸が進むにつれて「魚っていうより肉に近い感じ」、「ほぐした鶏胸肉」と感想が変遷していき、「煮付けた生姜はウマイ!」、「メインよりこっち(生姜)の方が好きだもんな、ぶっちゃけ!」と最後は本当にぶっちゃけていました(笑)

でも、「煮つけは生姜がメイン」説…わかります。

私がよく行く釣り場でも、夜の岸辺を大きなエイが泳いでいるのを頻繁に見かけます。見た目と毒棘は怖いし、見かけるのは大きい個体が多いので、うっかり釣れても困りそう…と恐々としていましたが美味しいとのことなのでエイの料理に興味が湧いてきましたね。



珍味エイヒレはお酒のおつまみに人気のようです。お手頃価格から超高級なものまで幅広いですね。

実は主役という説が濃厚となった「生姜」。高知県の特産品でもあります。今夜は煮つけだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました