ルアー シーバス スズキ
予報では今夜は風速9メートル以上となっていたので、場所を選び安全に気を配りながらのシーバスルアー釣行。

釣り場に着いた時は大変な強風で、帰っていくエギンガーな釣り人の方々と入れ違いに。私が入った時は釣り場に釣り人はゼロ。風で水面は激しく波立ち水中の様子は全く窺い知ることは出来ません。

もういつもの事ですが、今夜も体調はすぐれないのでルアーマンながら釣り場に座り込んでのルアーキャスト。傍から見ると全くやる気が無さそうに見えてると思いますが、少しでも釣行可能な時間を延ばすためにも釣っている当人は至って真剣です。

背後から吹き付ける強風で立っているとちょっと危ないくらいですが、座り込み姿勢が低くなると後方にある障害物の関係で全く風を受けなくなり安全快適。しかしロッドの先にあるジグヘッドワームだけは追い風を受けてメタルジグかと見紛う程にどこまでも飛んでいく始末。とんでもない強風です。

そんな追い風を利用して、いつもならジグヘッドリグだと狙えない沖のポイントを探りますが残念ながらアタリなし。

ゆっくり引いてきて本当に岸際のボトム付近でバイトあり!しかし乗らず。翻っていく幅広な銀色の魚体がチラと見えました。今度は遠投せず岸際のボトムを舐めるようにリトリーブしてくると同じようにアタリ!今度は一瞬送り込んでから合わせてみるも、これまた乗らず。

そうしているうちにアタリが得られなくなってしまいましたが、そこからやや左側の決まった場所で激しいライズがパンと定期的に発生。水面は激しい風で波打ち、現在の詳細は確認できない状況ですが、そこは通い慣れたポイント、小魚が通過するエリアになっているのでそこに待ち構えたヒラスズキが捕食しているものと推測。いくつかのルアーを通しますがアタリを得られず、モアザン ソルトペンシル 70F 蛍ムラシラスにルアーチェンジ

ライズの出ている場所の少し沖目にキャスト。ポイントの少し前でスプラッシュを起こすようにアクションさせたあとゆっくり通すと…狙い通りにバシャッ!!

ヒラスズキの引き込みを感じながらすかさずアワセを入れる、一瞬の重みを感じた直後ピュン!と無情な風切り音とともにルアーだけ宙を飛んで戻ってきました。

無念のフックアウト。薄皮一枚くらいしかフッキングしていなかった感触。モアザン ソルトペンシルは4.7gの自重の軽さゆえか弾かれ気味になることがこれまでにも何度か。魚の食いは抜群に良いんですけどね。トップで水面を割って喰ってくるこの釣り自体すごく刺激的。しかしこれ以降ライズも沈んでしまったので見切りをつけてポイントを移動。



続いては、釣り人が多くほぼマルスズキしかいないので最近はずっとご無沙汰だった久しぶりのポイントへ。混み合ったポイントは好みでないので釣れてる情報を聞いても滅多にいかないのですが、今日はこの強風で誰も居ないんじゃないかな?と淡い期待を込めて。

しかしこんな強風の中でも多くの釣り師で賑わっていました。ポイント全体で10名前後?の釣り人。

明暗絡みのすごく気になるポイントが形成されていたのですがそこには先客が3名。ロッドを手にしていますが釣れている様子はなくキャストもしていない。

同行者に折角連れてきてもらったし、なんとなく帰り支度を始めそうな気配を感じたので、邪魔にならない距離を空けて不人気な如何にも釣れそうにないスポットでとりあえずワームをキャスト開始。中層をスローに探ってピックアップ寸前でまさかのカツッ!とバイトあり!これまた乗りませんでした。ポイントが空いたら入りたいな~とそれに気を取られ完全に気を抜いていました。ここは目の前に120cmくらいの高さの波返しがあり、ピックアップの瞬間が見えません。波返しの上に立てば足元を見ながら釣ることも可能ですが、体がよろしくない私は安全確保のため登らずに釣っています。

惜しいことをしたな…と思っていると、やはり先客が一斉に帰り始めたので空いた場所へ入らせて頂きました。ストラクチャーの関係で風の影響が少なく非常に強い明暗が形成されており、そのポイントに入ってみると、やはり、見えシーバス状態でマルスズキがざっと10匹ほども確認できます。先ほどまでいた先客も見えシーバスにルアーを投げてはみたものの食わせられずお喋りモードに突入していたのではないでしょうか。見えシーバスはなかなかルアーに食って来てくれません。

とはいえ、頭では分かってはいるものの、目の前に10匹以上のスズキが居るのを見てしまうとルアーを投げ込みたくなるのが釣り人の性というもの。今日は残りの時間をここの攻略に使うぞ!と腹を括りました。

このブログを書きつつ数えてみると、ローテーションしながらキャストしたルアーは、実に12種類にものぼっていました。まずはこの日の隠れたテーマでもあったワームから。しかし思ったよりも反応は良くなく。スローリトリーブから目の前でテンションを抜いてフリーフォール気味に落とす動きに少し反応がありましたが食ってくることはなく。

先の場所でアタリを得たモアザン ソルトペンシル 70Fもノーマル、スロー、巻かずに完全放置といろいろ試してみましたが鼻先で触りに来るものの反転。見切られているなら早巻きで!とファストリトリーブも組み込んでみますがむしろ驚いて避けられてしまう有様。

ECLIPSE×ima komomo 125 SSPを激スローで巻くと
ピッタリとkomomo 125 SSPの後方数センチの距離に付いて岸際のピックアップまで同じ速度でチェイス(というかストーキング?)してくるものの絶対に口だけは使わない…。いかにも見えシーバスらしい反応。

何度通しても口は使わないのでトゥイッチングも試しました。以前ブログ記事でもご紹介したアンリパのソルトディグリー。品薄なのかAmazonは「一時的に品切れ」の表示になっていますね。全長50mm、5.3gながらよく飛び、実にキビキビと動いてくれます。
シーバスは見てはくるけど強く興味をそそられているようなチェイスまでは引き出せず。ソルトディグリーはトゥイッチですごく良い動きをしてくれるんですけどね。そこは今回再確認できた点。この日のこの場所でのシーバスには好かれませんでしたが、違う日やデイゲーム、またカマスやメッキには効果絶大じゃないでしょうか。

スローでもダメ、ファストでもダメ、放置でもダメ、トゥイッチでもダメ。万策尽きた感。

途方に暮れながら見えシーバスを観察していると少し潮に動きが起きました。ストラクチャー絡みで渦を巻くような流れの場所で小魚がシーバスの姿に驚いて水面を跳ねるとシーバスがそれを執拗に追っていきます。

トゥイッチではダメでしたが、これはどうか…?

最初にチョイスしたのはレオンさんがオススメしていたバークレーのホローベイビー
いま追われていたベイトにシルエットもかなり近い感じ。これでさっきの小魚の動きを再現してみようとしましたがジグヘッドがアクションを付けるには少し不向きな物しか持ってきておらず動きを再現しきれず。

ほとんど沈まず、ドッグウォークやトゥイッチ以上に水面を跳ねさせられなければ。

ここでもう一度モアザン ソルトペンシル 70Fをチョイス。
沖目に投げて、もうほとんど水面を跳ねて宙に舞っている時間の方が長いという激しい高速アクションで岸際まで引いてきたところ…沖から高速で猛追してきたシーバスが水面を割ってドッパーン!

ガツーン!と気持ちよくフッキングしました!

ようやく食わせた一匹。フックが大きくないこともあるので慎重にやり取りして上がってきたのは50cm級ながら丸々と太ったシーバス。わりとすんなり網に入ってくれました。

一般的なナイトゲームではちょっと考えられないくらいの早巻きと、ほとんど宙を舞うルアーのアクション。これは再現性が望めるのだろうか?ともう一度同じコースで同じ動きをソルトペンシルで試してみると…

ガボッ!ググン!と水面を割って連続ヒット!普通なら「場を荒らしそう…」と思ってやらないようなアクション。ましてや夜です。

ここで飽きられないようにルアーチェンジ。ラパラのストーム フラッタースティック。
シーバスに対応する10cm、20gがあるのですが、私は持っていないので元々持っていた4cm、3.5gを使っています。しかし超小型ながらたくさんのシーバス、ヒラスズキを連れてきてくれているお気に入りのルアーです。本体が4cmなのでそのままではフックも小さくシーバス相手には厳しいのでサイズを上げたフックをテールだけに装着しています。やりとりも慎重に。

シンキングですが自重は軽いので着水と同時にアクション開始。これでまた同じく高速で水面を跳ねる動きを行うと、またまたドパーン!

もう面白いように水面が爆発。
結局、水面爆発5回、バラシ1、計4匹のシーバスを釣り上げることに成功しました。

同行者の「さすがに、これだけ釣ったらいいでしょ…」の声でこの日は良い気分のまま終了。自身は釣りをしないのに、体の良くない篭りがちの私を外に連れ出し、釣り場でも常に様子を気にかけてくれる同行者には感謝です。

一般的に語られているセオリーに沿って考えると、夜なのに高速巻き、しかもシーバスのスレを誘発しそうな激しいアクションでしたが、なんの、まだまだ釣れ続きそうな雰囲気。観察からの狙い通りのアクションで釣れて楽しい反面、今後の釣りで増々判断に迷う経験になってしまいそうな気も。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、今回の灯り付きで釣果を上げたルアーは全てクリア系。そうです、先日紹介したこの記事が結果として表れましたね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました