シーバス セイゴ 高知 明暗
今夜も釣り人が多いかな?と思っていましたが意外にもどこも少なめで、先日と同じ釣り場で竿を出すことが出来ました。

ただし釣り場の状況にやや変化があり、前回ほど強烈な明暗がなくなっていました。とりあえず前回と同じ動きで誘ってみますが、やはり先日ほどの反応は見られず、海面を照らしていた光量の減少でルアーの早い動きに対する反応が鈍っているように感じられました。

そこでトゥイッチを少し弱めて誘ってみると、あっさりと水面爆発×3回。しかしどれもルアーの横でフッキングせず。シーバスは捕食の失敗が多いです…。しかし食わせの間を長くとりすぎると、今度はルアーが見切られて反転されてしまうので加減が難しいところ。

それでもトゥイッチに対するシーバスの反応は良いので我慢強く続けているとバコン!と気持ち良く水面を割って出た中型サイズがようやく乗りました。いくつか投げましたが、ヒットルアーはやはりこちら。
しばしのやり取りの後、シーバスを寄せてタモ入れしようと左手にタモの柄を握ったところでフックアウト。

折角だったので獲れればよかったのですが、あの日だけではなかった再現性と明暗の光量によるアクションの匙加減が今回のヒットで少し掴めた感触が得られたので、充分に満足してこの釣り場を後にすることにしました。



今度はもっと微妙な明暗で、より流れの強い釣り場へ移動してきました。釣り人は私以外に居らず、シーバスのライズもなし。違うルアーでの釣果も得たいなと、夜ですが鉄板バイブレーションの
で広範囲に探ってみるもアタリは得られず。

そのうちシャローエリアで小さなライズの気配が起きたのでそちらへ移動することに。水深は20センチ~1メートルあるなしといった浅いポイントだったので鉄板バイブからルアーチェンジしてフローティングな
こちらが再び登場。70F、カラーは蛍ムラシラス。

ライズの気配があるところをトゥイッチさせながら幾度か通しますが反応なし。しばしキャストする手を止めて観察していると、キャストをやめてしばらくするとライズが復活。なんとなくですが、シーバスがルアーのアクションを嫌っているような印象を受けました。

そこでライズの向こうへキャスト、着水と同時にルアーの存在アピールのために3~4回軽めのトゥイッチ、そこからほとんどリールを巻かずに流れに乗せながらラインテンションだけ維持してルアーを放置気味に流し込み「食ってくるとしたらこのあたり…」と思ったところでパシャッ!と狙い通りシーバスが喰ってきました!

すんなりと岸に寄せられたシーバスは、事前の捕食音からして予想通りの小型でしたが、思い描いたイメージ通りの1発ヒットでしたから大変嬉しい釣魚となりました。小型でしたので撮影だけしてリリース。

今回いろいろと腑に落ちたり、何か掴めた感覚が得られたりと、とても充実した釣行となりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました