クチジロ 小笠原
クチジロとはイシガキダイの老成したオスを指します。50cmクラスが基本の中、過去に90cm越えの個体が記録としてある。生息地域の厳しさや生息個体数、引きの強さから磯釣り師にとって憧れの魚とされています。

「70cm後半からは腰に響くくらいの突っ込みの強さ」とは中出一也さんの言。

小笠原諸島へは東京から27時間かかるそうで、週に1度という便の少なさも航程の厳しさに拍車をかけているようです。なにしろ潮を噴き上げながら泳ぐクジラが見えるような磯です。

クチジロ 小笠原
「この母島で日本記録釣るのが夢ですね」とさわやかな童心を感じさせる良い笑顔を見せた中出一也さんですが、クチジロとのやりとりは熾烈を極めた激しい釣りとなりました。




この釣行の後編はこちら。
【イシガキダイ】激磯!中出一也の情熱がほとばしった小笠原諸島 母島 鬼岩のハナレのクチジロの旅 後編。

ロッドは極翔 石鯛 525 白口 SPECIAL

リールはKAIKON 3000T

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました