後迫正憲 小沼正弥 メバル メバリング オヌマン
秋田県の男鹿半島で後迫正憲さんとオヌマンこと小沼正弥さんの二人が、なんと今回はメバリングで真剣勝負。1日目は数釣り勝負、2日目はサイズ勝負で雌雄を決しました。

小沼正弥さん曰く「シーバスに比べるとメバルはレンジがシビア」ということでセンチ単位でレンジを探っています。一方の後迫正憲さんは「メバルが潮上に向いてエサを待ってる」という傾向を掴んでからはエンジンがかかり数釣りスコアを伸ばしていきます。果たして勝敗の行方は!?



今回のメバリングで使用されたラインはクレハ シーガー R18 フロロリミテッド

メバル用品も昨今はルアー、ワーム、ロッドなど多くリリースされていて選択肢は豊富。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました