ヒラマサ 石井修二 シーラプチャー 外房 ジギング
アングラーズリパブリックの石井修二さんが外房の海で狙うヒラマサ。この日は上での反応がよくない状況だったそうで、新しいアンリパのシーラプチャーSRJC-511MLを持ち込んでジギング主体の釣りを展開。

石井修二 シーラプチャー アングラーズリパブリック
Newシーラプチャーから使われているナノマテリアルの特性として曲がったロッドの戻りが速くなり、ジグの素早いスライドがより実現可能となっているとのこと。

いいですねぇ、海辺の狩人もこういう釣りをしてみたいです。今の私の身体ではこういった激しい釣りは望むべくもないのですが、どうにかして治療を頑張ろうと意欲がふつふつと湧いてきます。




こういう釣りにグッと来た方は関連記事もチェック
アングラーズリパブリック 記事一覧

石井修二さんが使っていたジグはアングラーズリパブリック ジガロ。

既製モデルも含まれますのでよくご確認下さい。生産予約開始。5~6月末生産予定。(一部モデルは9月)

ナノマテリアル採用で新しくなったSea Raptureの予約受付ショップはこちら(楽天市場)
Sea Rapture

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました