ガシラ カサゴ 高知
今夜は最近訪れていなかった久しぶりの漁港ポイントへ。期待感を持ってやってきましたが、釣り人の姿は見えずライズも一切無く、静まり返る夜の漁港。

めげずに過去に釣れたポイントへ角度やレンジを変えながらルアーを通しますが魚の気配は皆無。

途方に暮れていると唯一、岸の際々に少しだけベイトの気配があったスロープエリアの暗部でシーバスの大きな捕食音が1発。そこもすでにルアーを通し終えていましたが、ようやく拝めた貴重なライズなので気配を消して静々と戻り、ライズのあった暗部へ再びルアーをキャスト。

スローリトリーブで反応がないのでルアーを
にチェンジ。ライズがあったのが明暗の境の暗部側だったので、いつもよりゆっくりめに、しっかり見えて追えそうな速度におさえたドッグウォークで水面を泳がせていると、3投目でドンッ!!と重々しい轟音と波紋!

これは大きい!と一瞬顔に喜色が浮かびかけましたが、闇の中に競りあがった波紋の端に弾かれて水面を舞うソルトペンシルの白いシルエット。

「へたくそ!」

と、心の中でミスバイトしたシーバスに毒づきます。

この後ライズが沈み、ベイトが追われている様子もなくなってしまい、しばしの沈黙。

岸際のベイトがざわつく間隔や捕食音の大きさ、単発さ加減から型の良い居付きの1匹といった印象を受けました。そのくらいスロープエリアにこの魚の気配しかなく、漁港全体を見回しても寂しいくらいにシーンと静まり返っています。

かなり時間が経過して、再びベイトのざわつきが戻った頃に
このシンペンを表層~中層付近に通していると、反転して尻尾で叩かれたような感触を一度得ましたが、その後はそれっきりでシーバスを釣ることは叶わず。

居付きだと味の期待もできず、他に魚の気配も感じられない漁港を後にしました。

そしていつもの場所に立ち寄るも、こちらでもシーバスのライズは1度もなく、魚の感触らしい感触も得られないまま帰るのも寂しかったので岸際でガシラを1匹釣るも、残念ながら20cmあるなしというサイズだったためリリースして釣行を終了しました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました