うなぎ 釣り ANGLiNG OF HUNT
高級食材となった「うなぎ」ですが、実は難しいテクニックなども必要とせず、コツさえわかれば自分で簡単に釣ることが出来ます。今回はそんなウナギ釣りをANGLiNG OF HUNTさんがご紹介。
ウナギ 釣り 仕掛け ANGLiNG OF HUNT
ANGLiNG OF HUNTさんの仕掛け。竿はバスロッド、リールはスピニングリール、道糸はナイロン3号中通しオモリ、ビーズ、ヨリモドシ、ハリスはナイロン5号を20~30cm、針はうなぎ針、エサはアオイソメ。基本的に夜釣りなので魚信を知るための鈴やケミホタルなどを竿先に付けます。

前アタリではあわせず、竿先にウナギの重みが十分に乗ったところでアワセを入れます。ただしまれに居食い(その場に留まってエサを食べている)もあるので油断は禁物。

とてもシンプルな仕掛けですが映像ではウナギが次から次へと爆釣しています。これだけたくさんのウナギが釣れると、うな重いくつ作れるのか!?高級食材が絡むとどうしても「釣り気」より「食い気」が勝ってきてしまいます。







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました