シイラ 石井修二 シーラプチャー 相模湾
アングラーズリパブリックの石井修二さんがシーズン初期となる相模湾でNewシーラプチャーを持ち込んでのシイラの試し釣り。潮目やブイ、藻などの漂流物、鳥などを目安にしての船によるランガン的な探り方で、荒れてタフな相模湾で苦労しながらも美しいシイラを見つけだします。




ロッドはアングラーズリパブリック C.F.CⅡ Offshore Casting Models SRGSシリーズ。ナノカーボン採用でルアーを打ち出す初速、飛行速度に優れ、手返しよくキャスティングすることに特化したモデル。

ルアーはアングラーズリパブリック ギグ100S。アンチフックアウトシステム採用したミノースタイルのジグはシイラやカツオなどはもちろん、シーバス、ヒラメなど幅広いターゲットに対応しています。100S(GG-100S / 100mm / 28g)、115Sはより大型に対応。(GG-115S / 115mm / 45g)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました