ヒラマサ 鈴木斉 ジギング SHIMANO
鈴木斉がオシアスティンガーバタフライキングスラッシャーとオシアジガーを使って狙う青物。

今回持ち込んだシマノのロッド、オシアジガーには低反発系のナチュラルジャークと高反発系のクイックジャークの2タイプがあり、その日の海の状況や魚の活性にあわせた使い分けが可能となっている。ヒラマサの頭を振りながらの強烈な走りにもしっかりとオシアジガーが曲がって耐えるシーンはたまりません。

「渋い」といいながらも複数のブリ、ヒラマサを掛けていく鈴木斉の使い分けやジグのジャーク動作はもちろん、動かす前動作でやっているロッドワークにも注目です。



【釣り人に朗報】スカパーなら24時間365日「釣り番組」を放送中!




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました