SHIMANO NASCI リール メンテナンス
先日のブログで触れたリール「シマノ ナスキー」のゴリゴリ感ですが、ローター内部のギアに挟まっていた砂粒を取り出して試投してみたところゴリゴリ感は見事に解消されましたが、リーリング中に「キュッ」引っかかるような巻き重り感が残っていました。

もう一度分解して、ローター内側の念入りな拭きあげとメインシャフトへの注油を行い再び試投。

巻き始め僅かな巻き重りを感じることが稀にありますが不調感の90%は解消されました。これでしばらく様子を見ていこうと思います。

リールメンテナンスは部位によってオイル・グリスなど違いがありますのでお間違えなく。


関連記事
【自己責任】釣行でゴリゴリと調子が悪くなったリール。無謀にもシマノナスキーの分解メンテに挑む。
【インプレ】スピニングリール「シマノ ナスキー4000HG」を購入。SHIMANO NASCI。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました