ヒラスズキ 海辺の狩人 シーバス スズキ
昨夜はヒラスズキ狙いで釣行しました。

遠くの方にアオリイカ狙いの泳がせ釣りの方が1人いるだけで静かなものでした。1箇所目はライズもアタリも得られずすぐに移動。2箇所目もライズ等の気配が全くなくこの場所にしては珍しく泥っぽい濁りまでありました。

ピックアップ体勢に入ってからの岸際バイト。回収中でそれ以上ロッドを振り上げることができずフッキングが甘くなってしまい最初のエラ洗いでバラシが2匹。早めに回収しないと岸際で根掛かるポイントなのと、強い濁りで水面を割って出るまで着いてきている魚が見えなかったのも要因の一つ。

その後フッキングからのやり取りの中で2バラシ。どうもアワセが弱いようです。自分では最初の2バラシ後は意識して強めにアワセているつもりでしたが、どうも病気と運動不足からくる腕力の低下・鈍化でフッキングパワー不足が生じているように感じます。かといって筋力トレーニングができるような体調ではないのでフッキングパワーの得やすいロングロッドに持ち替えたり、アワセ方を工夫をする必要がありそうです。

それにしてもここまで4匹バラシました。恐らくすべてヒラスズキ、勿体無い・・・。

沖にキャストしてゆっくり引いてくるとガツン!と強いバイト。激しい走りでギュンギュンとラインを出されます。その間も前の4バラシが脳裏をチラつき弱気なやり取りに終始していつも以上に時間をかけてしまいました。
ヒラスズキ 高知 シーバス
あがってきたのは50cm級のヒラスズキ。銀ピカの美しい魚体。潮通しの良いポイントですので食材としても最高の魚でしょう。サイズのわりに強い引きで直前のバラシの記憶もあり非常にスリリングでした。

さらにもう1匹良いサイズのヒラスズキと思われる魚がヒットしましたが、しばしのやり取りのあと無念のフックアウト。
フック 曲げられ 変形 シーバス
回収したルアーのフックを確認すると50cm級が問題なくあげられたフックでしたが、最後の魚にはこんなにも伸ばされていました。獲りたかったですね。

結局この日は「6バイト6フッキング1ゲット5バラシ」という手放しでは喜べない内容でした。しかしどれも強烈なバイトや走りでしたし、獲れた魚も美味しそうな個体でしたので釣行としては楽しめました。

いろいろ投げましたが、シーバス6ヒットは全てこのルアーでした。やはり強い!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました