加藤隆司 キジハタ ロックフィッシュ
このところ急速に人気ターゲットとなってきた感のあるキジハタ。ピュア・フィッシング・ジャパンのフィールドスタッフ加藤隆司さんがAbuGarciaのベイトタックルでキジハタ、ロックフィッシュゲームを解説。

釣り場は島根県の美保関の磯。着底させ底をとったらボトムバンプ。フォール中にアタリが集中するのでアタリを感じたら即アワセ、魚を一気に根から引きはがします。

このロケのタイミングだとシーズン初めということで厳しい状況だったようですが、重めのジグヘッドによる遠投で価値ある1匹を釣り上げることに成功した加藤隆司さん。

6月後半のまさにこれからは群れが入っている時期なのでキジハタゲーム最盛期となり楽しめることでしょう。




リールはアブガルシアのベイトリール、レボ エーエルシー IB7。

ロッドはアブガルシア エラディケーター ベイトフィネスカスタムエアー。

ルアーはバークレー ガルプ バルキーホッグ 3インチ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました