大野ゆうき シーバス 沖提 神戸
imaプロスタッフの大野ゆうきさんがホームの東京湾奥を遠く離れ、大阪湾にシーバス遠征。

まずは朝マヅメ、武庫川河口に位置する沖提の「尼崎フェニックス」へ。地形やポイントなども把握しておらずぶっつけ本番の状況に思わず「ima厳しいな」とこぼす大野ゆうきさん。時期や状況は違うでしょうが先日のコアッ!Vol.29でもコアマンの泉裕文さん、田古里昭彦さんが意外と苦戦した場所でもあります。

今回は過酷なスケジュールのなか、デイとナイトの両方頑張っていますが、最初の1匹を手にするまでに掛かった時間は実に39時間。大阪のシーバスゲームに苦しむ大野ゆうきさんの姿がそこにはありました。この厳しい状況を大野ゆうきさんはどうやって打開していくのか?




アイマ アルデンテは大野ゆうきプロデュースのバチ抜けスペシャルルアー。

アイマ カーム80S-LTは流れの緩い港湾部や干潮間際の水深が浅い河川用にライトチューニング。

アイマ SW320V ガウルはもう目前、6月30日発売予定。

釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています
人気ブログをblogramで分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします