ヒラメ エフリードメタル 近藤清之
アングラーズリパブリックの近藤清之さんが九州ヒラメ遠征。福岡のサーフでエフリードメタルを使ったフラットフィッシュゲームを展開。

満潮が良いとされていた福岡サーフでしたが、この日の満潮はお昼ということで苦戦。美味しい時間帯の朝夕のマズメには干潮という厳しい状況を打開すべく、サーフの僅かな変化を見つけては投げ続ける近藤清之さん。

今回メインで使用したメタルジグ「エフリードメタル」についても詳しく解説あり。通常のジグではフォール中にテールフックが水の抵抗を受けて上に向いてしまうためボトムからジグの腹側へ食い上げてくる性質のフラットフィッシュをフッキングすることが難しくなる。そんな問題を解消するためにジグの腹側に常に下からのバイトにフッキングさせられるフック設計となっている。

今回の釣行ではサイズがなかなか伸びないサーフの状況的な厳しさこそあったものの、魚の数はとても多く出せていたのはやはりこの設計によるところが大きい。




これは映像としての感想になりますが、場面の転換時に差し込まれるあまり意味のないスローやタイルボカシ演出は不要と感じました。よほど視聴者を惹きつけるような凝った演出でもない限り映像は凝縮されて短い方がベター。無意味に尺が伸びるのは視聴側としては歓迎できません。リリースする釣具も映像もいつもレベルの高いアンリパなので、その期待値も必然高いものになりがちですけれど。また海外ユーザーから頻繁に英語字幕の要望がコメント欄に寄せられているのでこれに対応してあげられると良いですね。

ヒラメ、マゴチの食い上げバイトに対応したジグ。アングラーズリパブリック ZetZ エフリードメタル。

エフリードバイブはリトリーブでタイトなローリングアクション、ロッドアクションで大きなヒラウチまでこなす。釣り場の状況に合わせてエフリードメタルと使い分けると一層効果的。

ロッドはショアガンエボルブのFLATFISH EDITION。9ft.8inc、10ft.6inc、11ft.2incの3モデル。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました