アジング 丹羽喜嗣 港内 デイアジ
瀬戸内をホームにされているシマノフィールドテスターの丹羽喜嗣さんが、今回は宇和海の港内でデイアジング。この時期シラスベイトを捕食しているであろうアジを拾い釣っていく予定でオープニングのご挨拶。

ところが最初に訪れた港のスロープでいきなり「アジの群れ」に遭遇した丹羽喜嗣さん。

「おっ!・・・えっ・・・むっちゃアジおる・・・うへへ!・・・うそーん・・・うそっ!」

予想外なアジの群れに、オープニングとはうってかわってキャラ変してしまうほどおかしなテンションに(笑)。困難を極めるかと心配されたデイアジ釣行でしたが、アジとアングラーどちらも高活性な賑やかロケとなりました。




海辺の狩人も、誰も釣り人が来ない不人気漁港の浅場に差し込んできたアジの群れに遭遇して丹羽喜嗣さんみたいに興奮した記憶があります。「ええっ、こんなところに!?」という思いがけない展開に出会えるのもアジングの魅力のひとつですね。

鉛よりも高比重なタングステンヘッドを使用し、ヘッドをより小さくしたことで一層ナチュラルな誘いが可能となったシマノのジグヘッド。アジの吸い込みバイトに対応したゲイブデザイン。ラージアイでラインやスナップが通しやすく使い勝手が良い。

アジングにおける操作性と感度の両立。繊細なジグヘッド単体の釣りにおいて本気で「より上」の釣果を目指すならやはり最高峰となるこのロッド。丹羽喜嗣さんは6フィート4インチをチョイス。

月刊化で勢いに乗っているアンソル本誌もライトゲームファンなら要チェック。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました