山崎愛香 加納千尋 DokiDoki 釣りゴコロ!
辺見哲也さん指導のもと山崎愛香さん、加納千尋さんがライトジギングに挑戦。辺見哲也さんといえばシーバスのイメージが強いですが、実はシーバス以外にもジギングから渓流トラウトまで広く精通しているアングラー。
辺見哲也 山崎愛香 ゴマサバ ジギング
サバを求めて船を走らせる。鳥山を見つけたらその傍にジグを落とす。賑やかな海中ではゴマサバのダブルヒットは約束されたも同然。表層にはシイラも姿を現しウロウロ。色鮮やかなシイラを初めて見た女性二人は歓声をあげる。
辺見哲也 山崎愛香 加納千尋 DokiDoki 釣りゴコロ!
時期によっては高級魚ともなるマサバが辺見哲也さん、山崎愛香さん、加納千尋さんの三人にトリプルヒット。ジグの操作に苦戦していた加納千尋さんも後半にはジャーキングが上達し「楽しかった」と大喜び。ビギナーの方に楽しさや面白さを知ってもらうことが釣りにハマってもらう第一歩。さすが辺見哲也さん、釣りだけじゃなく教え方もお上手です。
辺見哲也 山崎愛香 加納千尋 SHIMANO
帰港してからは釣りたてのサバとヒラメを特別に船宿で料理してもらって味わう三人。ビギナーの二人にとって「楽しさ」と「奥深さ」を堪能できた釣行だったことでしょう。






今回のロッド「グラップラーB631」はシマノのライトジギングモデル。対象魚は小型青物、タチウオ、マダイ、シーバス、根魚など。シマノ独自の強化構造「ハイパワーX」でブランクスが強化されている。

基本性能を充実させたコストパフォーマンスの高いソルト用小型ベイトリール「ソルティーワンHG」。

ジグはシマノ「オシア スティンガー バタフライ」シリーズ。今回の釣行では60~80gを使用。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました