シーバス 辺見哲也 九頭竜川
imaプロスタッフの辺見哲也さんが九頭竜川でリバーシーバスを狙う今回の釣行。
辺見哲也 九頭竜川のサクラマスとシーバスを語る ima
サクラマスを追い求めて30年近く九頭竜川へ通っているという辺見哲也さん。サクラマスを狙っていてスズキがヒットしたことはあるが、九頭竜川のシーバスをメインとして狙う釣行は辺見哲也さんの釣り人生の中で今回が初めてとなる。
九頭竜川 辺見哲也
この時の九頭竜川は増水しており、まだ濁りが取り切れてない状況。いつもとは少し勝手の違う河川で辺見哲也さんはリバーシーバスが有望そうなポイントを絞っていきます。




アイマ リバーフロウズ72。流れが厚い中で深いレンジを探ったりストラクチャー際を真下へ落として探れる鉄板バイブレーション。独自バンパー「エスケーピングジョー」で根掛かりを大幅回避。ウエイトは15g。

アイマ コスケは流速を感じられコントロールしやすいフローティング。2016年秋発売予定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました