松尾道洋 川本斗既 広島 リバー シーバス 河川 釣り
ランカーサイズのシーバスが有望とされる広島の河川で松尾道洋さんと川本斗既さんが橋脚とオープンエリアに分かれてのリバーシーバス攻略。シーバスの狙い方や各種ルアーの使い方はもちろん、松尾さん、川本さん両者のお互いのアングラーとしての印象まで深く語ります。

いかに有望な広島と言えどもランカーはそう簡単に釣れてくれません。対決ではありません(?)でしたが、満足のいく結果が出せなかったアングラーには散々に投げ倒した後の居残り釣行が待ち構えていました。

「うわぁ~、肩凝ったぁ・・・」

苦闘を物語る嘆きの声を上げるのは果たしてどちらか・・・?




映像内で登場したimaのルアーはこちら↓↓↓





この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました