もう一週間ほども前になりますが釣行してきました。1月の夜の海に魚っ気は乏しく、それを知ってかアングラーの姿も皆無でした。

潮の上げ終わりから潮止まりまでは、稀にはるか沖の方で僅かにシーバスのライズがあるもののルアーの届く範囲ではまったくアタリはなく、ひたすら修行のようなキャストの繰り返し。心が折れかかった頃にようやく下げ潮が効き始め、そのタイミングでソルトペンシルに待望のヒット。
シーバス ソルトペンシル 釣り Fishing 高知
サイズは小さいものの体高があり美しい魚でした。(ヒラスズキだったかな?)
釣り上げた直後、左手に再び違和感が発生したのでこの一匹で釣行を終了。

安定しない体調もさることながら、気配のないポイントで投げ続けるのは精神的にキツイですね。最盛期だった同行者の仕事が一段落してそうなら、これからはランガン釣行も少しは望める・・・かな?



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました