寒い日が続きますが、体調のマシな日を選んで釣行に連れて行ってもらっています。同行者の行けるタイミング+私の体調+夜という縛りがあるので潮回りなど好条件を選ぶことは難しいところではありますが、それでもおかげ様で楽しく釣りができています。

昨夜は以前の釣行とガラリと変わってメタル系のルアーにはまったく反応なし。あれだけガツガツとシーバスがバイトしてきていたのにこの変わりよう・・・。私が叩いたあとの一級ポイントにウェーディングの方が入って、どうやら軽めのルアーを投げているようでしたがお触りがあった程度で終了された模様。(という会話が風に乗って微かに聞こえてきた。私が投げた時はお触りすら無し・・・)

この夜はとにかく強風を超えた「暴風」で、横風を喰らう立ち位置となる一級ポイントでは釣りづらく、ライズはあるもののどうにもシーバスのバイトが得られなかったので敢えての二級ポイントへ移動。こちらは追い風を受ける立ち位置となりルアーの飛距離も稼げるし、ロッドを立てればラインが風をはらんでルアーが浮き上がり通常よりもスローなリトリーブを行うことができる。そんな感じの超デッドスローで潮のヨレを通していたローリングベイトに「ズッ」という感触のバイトあり。フッキングを決めると途端に走る走る。
シーバス 高知 ルアー ローリングベイト 海辺の狩人
しばしのやり取りから上がってきたのは60cmに少し足らないくらいのマルスズキ(セイゴ・フッコ)。色黒ながら元気な魚でした。口の端の硬い部分にフッキングしていてバレようがない感じ。フックを外すのに苦労しました。

常夜灯のもっとも強い明暗部分以外でも、(ヒットがあったのとは別の)ヨレを中心とした箇所にもライズが起きていたのでそこにメタルバイブやワームを通すも反応なし。もう一度ローリングベイトに戻して風とラインを使って極スローに通すとまったく同じく「ズッ」という明確とは言い難いアタリ(風で膨らんだラインのせいもある)からフッキングで激しいシーバスの走り。海面に浮いた魚は先ほどと同サイズながらこちらは一層力強く突っ込みの時間も長い。銀ピカの魚体はどうやらヒラスズキのよう。釣り座は足場が良いのですが潮位が低い時は一段岩場に下りないと取り込みができない場所。先ほどは楽な位置まで魚を誘導できたものの今回はロッドがブン曲がりで魚に主導権あり。(フックサイズ的に無理ができない)足場の良くない位置での不安な取り込みとなる。健康体ならなんということもない足場ですが、腕、腰、足と三重苦の私には恐怖の場所。それでも苦労しながらなんとか魚をネットインさせ一歩下がって不安定な体勢を立て直そうとしたところで足元がグラリ。

(右後方のよく見えない岩場に手を着くか、真下に尻餅で確実に接地するか)

粘りのない身体と痛みのある腕への不安から真下の岩に尻餅を選択(この間約0.1秒の思考)
左手の玉網を跳ねさせてしまい魚は海中へお帰りに。衝撃でフッキングも外れてしまいました。
シーバス フック 曲げられ
(曲げられたテールフックに注目、ヒラを誘導するならフックチューンしてないと厳しい)

折角の魚は惜しいですが病身に怪我まで追加しては元も子もありません。今となっても正しい判断だったように思います。ソフトな尻餅だけで幸いにも怪我はありませんでした。健康な頃には運動神経は悪くない方だったという自負?がありましたが、まったく思うように動かなくなった体には今さらながら驚かされます。しかし、こういう事でいちいち気分が落ち込まなくなったのは、現状を受け入れ病身のベテラン(?)となり少しはメンタルが強くなったからかも?と自分の変化にも気が付くところがあったり。

それはさておき、良い引きだった魚は取り込み失敗で逃がしてしまいました。少しライズも収まりかけた海へルアーチェンジしてワームのワインドを少し試したり(ヒットなし)した後に、この夜の釣行は終了としました。

この1つ前の記事に書いたように日によってヒットルアーがコロコロと変わっている冬の釣り。メタルバイブにアタリが集中したり、フローティングばかりだったり、今日のように軽量のバイブ?シンペン?ルアーしか反応しなかったり、本当に日によってバラバラ。

稚魚 イワシ? 小魚 ベイト
ちなみに群れが岸際でシーバスに追われ食われしていた昨夜のベイトがこちら。全長は6cm前後といったところ。

このポイントで前回(2月初旬)釣ったマルスズキ、ヒラスズキの胃袋にもこれと同じようなベイトが詰まっていました。イワシの稚魚なんですかね?稚魚の知識がないので種類の断定はできませんが岸際にこれが無数に群れていましたが、かといってこの夜は岸際のこればかりを捕食しているかというとそうでもなさそうな雰囲気。ヒットしたシーバスはヨレの中の中層でしたし、ポイント全体を見回してもライズの頻度は岸際2、沖8くらい。もちろん沖のそれを捕食していた可能性もありますが。そして岸際に人の気配があったりウェーディングしている人がいると岸際でのシーバスライズはピタリと止んでしまっていました。

シーバス フローティング 高知 海辺の狩人
これが前回たしか岸際の稚魚についていたシーバスを群れの中にフローティングを流し込んで釣ったシーバス。岸際から少し下がって気配を消しつつフローティングのルアーを小さくドッグウォークさせて稚魚の群れの中に通す感じでバイトが連発した日。(捕食失敗のミスバイトも多かったですが・・・)この日(前回)は完全に岸際の稚魚についている感じでしたが、今夜はまた少し雰囲気が違っている気がしました。この辺をもっと深く解明出来たらもう少し釣果が伸びるかもしれませんね。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました