満潮からの下げが効き始める日没直後に釣行。陽の落ちた岸際には大変なベイトっ気。

稚魚 イワシ? 小魚 ベイト
この時からさらに数ミリ育った感のあるマイクロベイトが岸際にウジャウジャ。(この画像は前回のもの)

日没直後しばらく様子を見ていましたが、岸際のマイクロベイトへ向けたシーバスのライズはなし。わりと沖の方で散発的に起きる程度、意外です。

岸際にシーバスが差して来ていればライズしていなくても目視できるポイントなので今いないのは確実。素直に沖のライズの上手へ向けてキャスト。流し込んで何度もルアーを通しますが一向にシーバスの反応は無し。ルアーチェンジも効果なし。

下げ潮も効いていてベイトも多く雰囲気は良い割に、ライズやモジリといったシーバスの気配はやや薄め?

少し時間が経過した頃に他のアングラーがやってきて私の入っているポイントの岸際をキャストしながらウロウロ。岸際から数歩下がってできるだけ気配を消して海面に影を落とさないように釣っている私の前にも入っていって岸際を覗き込んだりされるのは悪気は無いと理解しつつも少々悲しかった。

とはいえ、「知らず知らずのうちに・・・」というのはお互い様の事なので私自身も普段から気を付けないと。

そんな彼もシーバスの反応は得られなかったようでそのうち諦めて立ち去っていきましたが、彼が岸際から立ち去ってから数分後、キャストせず静かに眺めていると岸際のマイクロベイトにようやくシーバスのライズが始まる。

しかしこの岸際の捕食も長くは続かず、潮の流れが少し鈍ったように見えたタイミングですぐに止んでしまいました。シャローランナーにルアーチェンジして3キャストほどできましたがヒットに繋げることはできず。


結局、沖の散発的なライズしかなさそうな状況で潮のヨレにキャスト。キャスト精度の低い私としては驚くほど思い描いたピンポイントにルアーが着水。


(うわ~これ以上ない最高なポジション!これでも食ってこないようならもう帰ろうk ゴツ!)


薄皮1枚だけかすめてフックアウトしたような感触。頭の中で考えていたことが事だけに「ふふっ」と笑いが起きました。雰囲気のあるピンポイントにルアーを通すことができれば可能性はある、そう信じて再びキャスト。

なんと、また思い描いた通りのピンポイントへ寸分のズレ無くルアーが着水!
キャスト技術が上達した可能性があります。(その後も確かめましたが気のせいでした)


(これはまたシーバスがアタルんじゃ・・・コツ!)


今度は半分吸ってそのまま吐き出したかのような、先ほどのようなフッキング的な感触は伝わらず。うーん、吸い込みバイト?一応フックも確認しましたが針先が鈍ってる様子もなく。

またシーバスのアタリが遠のいたので、それでも念のためシャプナーで全てのフックを研ぎながら海を観察。
ちなみに愛用しているフックシャープナーは第一精工のシンプルな格安200円のものですが使い勝手が良いです。予算が許すなら見た目が恰好良いものや高機能なシャープナーもたくさんありますね。ルアーマン必携の一品。

シャープナーに限らず、こうした釣りに使う小物類はピンオンリールに取り付けておくと、かさ張らず、うっかり落として無くすこともなく、いつでも使えて利便性も向上。


さて、その後もう一度沖目でルアーに反応があったもののこれも同様でフッキングには至らず。反応のあったルアーは小さくてクリアサイズのローリングベイトによる超デッドスロー。他のルアーでは一切反応なし。フックサイズも小さいし吸い込みバイトに対応できそうなものですが、この時期の釣りに対して使っているロッドが固いのかな・・・何かしらの要素がズレてたんでしょうね。もっと勉強して獲れるように精進します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました