テナガエビ 日本小物釣り初心者代表
ああ~すごくいいですね~、こういうのんびりした釣りも。

日本小物釣り初心者代表さんが東京は多摩川にて延べ竿を使ったテナガエビ釣りの模様をアップしていました。ビル群が見える場所でテナガエビが釣れるとは、地方に暮らす海辺の狩人にはとても新鮮な光景・・・。

テナガエビといえば高知では仁淀川や四万十川が思い浮かびます。子供の頃は川に入ってプッシュリ(簡易の水中ゴム銃)を使ってテナガエビを突いて獲りました。(各河川の漁業規則等にご注意)

川で捕まえたエビを数年飼育したこともありますが、川エビってとっても可愛らしいですよね。



一本の竿で3通り(約1.4m・1.6m・1.8m)の長さで使える延べ竿。

飲ませ釣りの生餌のために活かしバッカンで使われる事も多いエアポンプ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました