出発の2時間前に体調不良で折角の釣行がまたまた中止になってしまった海辺の狩人です・・・。
暑さと太陽光にめっぽう弱い夜釣り専門の私ではありますが、そんなこんなで直近で行けるのはこの日の昼だけということで日焼け止めベッタリ厚塗りで3月以来となる昼の釣りに行ってまいりました。

私が釣り始めた時刻(午前)にはまだ釣り人は多くなかったんですが、帰り道(午後)にはすさまじい人出で某人気港は釣り人で満杯に埋まっていました・・・。昼の釣りは人の数が凄いですね、キャストのヘタな海辺の狩人はあんな密度の中で釣りをこなす自信がありません・・・。ウワサによるとポツポツ釣果も出ていたとか。

さてわたくしの方はといいますと、今日も私以外に釣り人は左右に1名ずつ。さすがの不人気釣り場。昼でもこのペースは変わらないようで、のんびりフィッシングを好む私は安心しました。

岸際の海中には様々な小魚が群れになって定位していて、いつものポイントでも夜の釣りとは違う雰囲気が味わえて新鮮でした。ただ捕食者に追われているような様子はなくのどかなもの。

到着時は上げ潮で何投かしていると、もうすぐ上げ終わりというタイミングで
アオリイカ エギング 高知
グイッと待望のアオリイカ。エギ王K アオアジカラー前回に続いて昼でもいい感じ。今では完全に信頼の1本となりました。

この頃から岸から200m付近ではジェットスキーやウェイクボードを楽しむ人がとても多くなり、海上は空ぶかしエンジンの爆音と歓声で大変な騒ぎに・・・。潮止まりでも海面は岸辺まで常に激しく波立っていて釣り場としては非常に落ち着きのない感じ。

あとが続かないのは私の腕のせいでしょうが、大変な暑さと沖の騒ぎで参ってしまってこの一杯でエギング釣行は終了となりました。

いや~同じ釣り場でも昼と夜では雰囲気が違いますね。あとやはり暑さと直射日光は苦手なようで翌日このブログ記事を書いていますが短時間だったにもかかわらず夜釣りよりもはるかに疲労感が残っています。久しぶりの日光浴でビタミンDやセロトニンの分泌を促せたのは良かったかもしれませんが、やはり私は月光浴をしながらの夜釣りの方が体質的にも向いてそうな気がします。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました