ショアジギング 海 高知
同行者の予定が空いたので早朝のショアジギングに連れて行ってもらいました。薄明りな時間に少しだけエギングするもアオリイカの反応はなく、今日はすぐにショアジギングタックルに。

昨日はとても寒かったですが本日はやや温かい日和。特に日の出頃は風もなくとても釣りやすい天候。みなさん天気予報のチェックは欠かさないようで、日が昇ってからは活性の上がった釣り人が続々と到着。

日が昇ってしばらく経った頃にボイル発生。前回同様ヒラスズキの活性が上がっている様子。急いで仕掛けを回収しボイルが発生しているポイントを通過させるとバイトはあるものの表層の小魚を吸い込みで捕食しているようで食いがかなり浅く合わせるとすっぽ抜けが2回連続・・・。

そんなやりとりをしている間にボイルは徐々に散発気味となっていき短時間で収まってしまう。それからヒラスズキも青物も反応がない時間がしばらく続いた後、前回活躍してくれたリグで表層をアクションさせていると沖でグン!と魚がヒット。

本日のヒットもこちら。元々はバス用ですが食わせる力はソルトでもさすが。普通にジグヘッド付けてシーバスタックルで使っても釣果が期待できると思います。

期待に胸膨らませるも、かかった魚はそれほどのサイズではなく海面を滑りながら寄ってきたのは
ヒラスズキ ショアジギング 高知
フッコ(ハネ)サイズのヒラスズキ。ショアジギングタックルだとヒラと言えどもこのサイズはスルスルと簡単に寄せられてしまいますね。美味しいサイズではあるのですが同行者には今回「ネイリを!」と言われていたこともあり前回大量に食べたばかりなこの魚はリリース。

しかし本日も青物のアタリも気配もなく、徐々に風も吹きはじめ干潮潮止まりを迎える時間になったため今日はこの1匹で納竿となりました。

岸から狙える範囲で青物の気配が薄くなかなか難しくなってきた印象を受けますが、また天候や体調と睨めっこしながらいい日を選んで釣行できたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「海辺の狩人」をフォローしよう!


ブログ記事がもし何かのお役に立てたらブログランキングへの1票をお願いします。アクセスを通じて「釣り」や「自然」に興味を持つ方が増えるかもしれません。(1日各1クリックまで有効)
人気ブログをblogramで分析
このエントリーをはてなブックマークに追加




「海辺の狩人」Facebookページを開設しました