堀田光哉 ヒラメ サーフ カルティバ
ルアー合衆国に登場したのはカルティバ(オーナーばり)テスターを20年続けているサーフヒラメ界の大御所堀田光哉さん。広大で変化に乏しい遠州サーフで渋い状況の中、新素材の最新トレブルフックSTXを使ってヒラメを次々とヒットさせていきます。最新のフックはこれまでとどのような性能差があるのか?フックの手入れやシャープナー(砥石)の掛け方についてなど、フックについての深い話が聞ける興味深い映像となっています。



亜鉛の化学反応でサビを防ぐ仕様は耐久性とコスパ向上に繋がる嬉しい性能。

堀田光哉さんが開発に携わったビーチウォーカーハウル。14g、21g、27g、35g。

スライド幅は大きく、フォールはタメのきく水平という口を使わせるのに有効なジグ。

堀田光哉さんはサーフヒラメ用に1/0番をチョイス。ジグのアクションを妨げない細さ。


釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています
人気ブログをblogramで分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします