体調がまったく思わしくなく久しぶりの釣行となりました。

この夜はアオリイカ狙いのエギ師や泳がせ釣り師がたくさんいたが、まったく釣れていないようで取り込みも見受けられないまま4組ほどが次々と去る。

表層を泳ぐ波紋でベイトがたくさんいるのは確認できるのだが捕食者がいない様子でボイルもほぼなく海面はあまりにも穏やか。

ルアーは緩やかに素晴らしいS字を描いていて良い感じなのに、これにすら無反応だと今夜はもう厳しいか・・・と、こちらも諦めかけた頃、沖目にキャストした中層(30~40cm)を泳ぐルアーをゴツン!と抑え込むような突如とした力強いバイト。

その一撃の強さは完全に向こう合わせの形になってしまうほど。


ドラグを出され、なかなかパワフルな引きなので心の中でヒラスズキを期待したが

シーバス 高知
上がってきたのは元気のよいシーバス(マルスズキ)。黒めの魚体でヒラではなかったので持ち帰りはせずリリース。

シーバス マルスズキ ルアーフィッシング
しかしパワフルなファイターで、久しぶりに魚の感触を楽しませてもらいました。

ヒットルアーはこちら。大きなS字で魚を誘う素晴らしい泳ぎを見せる一軍ルアー。

依然体調は思わしくなく痛みも強いですが、釣りは良いですね、気持ちが前向きになれます。体のリハビリを兼ねて多少無理やりにでも釣行を頑張ろうと思います。

釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています
人気ブログをblogramで分析

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします