SHIMANO 熱砂 メタルドライブ 堀田光哉
シマノタックルインプレッションで堀田光哉さんが開発に携わった「熱砂 メタルドライブ」が紹介されました。

ワームを背負ったメタルジグといった雰囲気の熱砂メタルドライブ。釣るため、釣りやすくなるための様々なギミックが盛り込まれていて説明を聞いているだけでなかなか楽しいルアー。

飛行姿勢はメタルジグ部分が前、ワームが後方に分離して一直線の形となりとなり空気抵抗を抑えて飛距離に貢献。着水するとメタルジグから沈んでいき浮力のあるワームは立ち上がったような状態でメタルジグに追従。人間からすると不思議な沈下姿勢ですが魚を寄せるアピール力はとても高そう。そしてリーリングが始まるとメタルジグとワームが一体化して従来のメタルジグでは出せなかったナチュラルな食わせ要素を持つスイミングを演出。



食わせのワームを80m先へ大遠投することが可能になる新感覚のルアー。
ウェイトは32gで平均飛距離は82mをマーク。



釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします