コイ 釣り 水中映像 Kakapon Supopon
竿に針と糸だけ結んでのんびり釣り糸を垂らす・・・そんなゆるやかな時間を過ごせるのも釣りの醍醐味の一つですよね。

今回ご紹介する釣りはとても綺麗な川に延べ竿(リールのない竿)と針と糸だけという至ってシンプルな仕掛けに練り餌をつけて竿の長さである3メートル先に糸を垂らすだけ。

撮影者は一風変わった釣り映像をアップすることで人気のKakapon Supoponさん。とても水の澄んだ川なので地上カメラと水中カメラの2台で、水中の魚の捕食行動や、なかなか目にする機会が少ない「針掛かりしてからの魚の動き」にまで迫っています。

練り餌の沈下の動きやにおいもあるはずなのに魚はなかなか見つけられない様子で「こんなにも気付いてくれないものなんだなあ」と想像していた以上の気付きや発見がありました。

美しい流れの中で魚が掛かるまでのまったりした雰囲気と、思わぬ良型に延べ竿での手に汗握るやりとりの対比も楽しい水中映像となっています。



鯉のような身近な淡水の大物を延べ竿で・・・趣がありますね。なにより名人感ある(笑)


釣りブログ「海辺の狩人」はブログランキングに参加しています


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします