Home | Twitter | 釣法 | シーバス | ヒラメ | アジ | メバル | カサゴ | イカタコ | チヌグレ磯 | アカメ | 青物 | 釣行記 | 調理 | ネット

カテゴリ:シーバス

今回のルアルアチャンネルはヒラスズキ。なんと名人松岡豪之さんが登場。仕事の早い男はタイムリミットのある沖磯でヒラスズキを連発。ルアルアチャンネル初釣果のヒラスズキだとか、さすが。松岡豪之さんが1匹目を釣ったルアーはハードコアTT リップレスミノー。DUEL HARDCO ...

ルアーマガジンソルトで村岡昌憲さんがベーシック(基本的なこと。初歩的なこと。)な事を映像にしようという企画で始まった今回の映像。なんと村岡昌憲さんは「あんまり好きな言葉じゃない」と語る。果たしてその発言の真意とは?昼の東京湾奥で水面爆発を引き出したのはガ ...

コアマンのプロスタッフ増田晃さんが教えるパワーブレードなどのブレードルアーにおけるテーリング(テールへのライン絡み・通称エビる)の解消法。ルアーのテールフックによく絡んだりしてしまう人はルアーの良否を疑う前にこれらを見直しましょう。デイゲームでは必携。歴 ...

夜にいつものポイントへ釣行。約一週間ぶりのポイントは珍しくアングラーが過密状態。最近は釣れているのかな?周辺を歩き回るもすべての有望ポイントには先行者の姿があり入れる場所がない。シーバス3人、エギング1人。(これは場所移動するしかないな)と諦めて同行者の待 ...

ジャンプライズの井上友樹さんが語ったPOPOPEN 95Fの開発秘話。マニアックなルアー構造や形成の中に実釣技術にリンクした話が多数登場するのでとても興味深く聞けた。JUMPRIZE POPOPEN 95F楽天市場で詳細を見るAmazon.co.jpで詳細を見るチャタビーも高強度を誇るハイピッチバ ...

計らずもキタングとなってしまった前回のリベンジで日没後に釣行。釣り場に到着した頃は満潮潮止まり。そこからしばらくはシーバスのライズもボイルもなかったが、やがて下げ潮が効き始めたタイミングで沖の方でライズが散見されるようになる。ライズが起きているポイントへ ...

高知の某河川にて、濱本国彦さん(香川)と、やんやんこと北添貴行さん(高知)の二人がシーバスを狙う。地元アングラーならお馴染みだが、魚影は濃くも杭が多かったりと難しいポイントにて二人はどんな釣りを展開するのか?そして高知といえば忘れてはいけないあの魚「アカ ...

シマノの泉裕文さんがX-ARCを搭載してネーミングも新たに復刻となったエクスセンスゴリアテHiを用いてシャローエリアのシーバスを攻略。いい魚が出ています。エクスセンスゴリアテHiはデッドスローでもしっかり泳ぐのでナイトゲームに必携のルアー。エクスセンス ゴリアテHi ...

前回の釣行で触れたマイクロベイトについてTwitterでサビキのカネマンさんが「これはなかなか美味です」と教えて下さったので、食い気の狩人は同行者と一緒に小魚を網で掬う作戦を立案。釣具ショップへ立ち寄って魚用の網を検討するも、値札を見るとジャコの大パック数個分な ...

満潮からの下げが効き始める日没直後に釣行。陽の落ちた岸際には大変なベイトっ気。この時からさらに数ミリ育った感のあるマイクロベイトが岸際にウジャウジャ。(この画像は前回のもの)日没直後しばらく様子を見ていましたが、岸際のマイクロベイトへ向けたシーバスのライ ...

Pazdesign(パズデザイン)のreed ラブラ 125F(FG)に来月新しいモデルが登場予定。こだわりの外観はそのままに内部構造の大幅なバージュンアップに着手。ウェイトボルが5個に増え、配置にも工夫。従来のラブラよりも寄せる力がアップ。ウェイトも15gから16.9gになったこと ...

コアマンの大人気ワームミニカリにNEWカラーが4色追加。このミニカリワーム、シーバスはもちろん、なんとメバリングでも人気が出ている。特にナイトなアングラーは絶対に気になるであろう新色をチェック。ミニカリは渋い状況を打開してくれることがやたらと多い。新サイズの ...

寒い日が続きますが、体調のマシな日を選んで釣行に連れて行ってもらっています。同行者の行けるタイミング+私の体調+夜という縛りがあるので潮回りなど好条件を選ぶことは難しいところではありますが、それでもおかげ様で楽しく釣りができています。昨夜は以前の釣行とガラ ...

メガバスフィールドスタッフ久保田剛之さんが厳冬期のシーバス攻略を指南。淡水層と海水層の境目である「塩水くさび」などポイントとなる部分を解説。厳冬期の「日によってパターンがどんどん変わっていく」というの言葉は私も今の釣りで身をもって実感している、冬の釣りの ...

ホームの海へシーバスを狙って釣行してきました。かなり寒い夜ですがポイントには珍しく先行者2組あり。地元シーバスアングラーのブログなどをチェックするに、「バチ抜け」のキーワードが踊るようになっており、その影響もあるのでしょうか?投げているルアーも軽そうなので ...

もう一週間ほども前になりますが釣行してきました。1月の夜の海に魚っ気は乏しく、それを知ってかアングラーの姿も皆無でした。潮の上げ終わりから潮止まりまでは、稀にはるか沖の方で僅かにシーバスのライズがあるもののルアーの届く範囲ではまったくアタリはなく、ひたすら ...

ランカーサイズのシーバスが有望とされる広島の河川で松尾道洋さんと川本斗既さんが橋脚とオープンエリアに分かれてのリバーシーバス攻略。シーバスの狙い方や各種ルアーの使い方はもちろん、松尾さん、川本さん両者のお互いのアングラーとしての印象まで深く語ります。いか ...

かなり熱いシーバス情報が密かに発信されている最近のコアマンの動画。今回はなんと難しいサヨリパターンの攻略について、かなり具体的な内容が泉裕文さんと田古里昭彦さんの間で語られています。とある”他社”のルアーにちょっとチューンを加えるこのサヨリパターン攻略法 ...

体調は相変わらずでしたが、2016年最後となりそうな釣行チャンス、行ってまいりました。この日は冷え込みが一段と厳しく、南国土佐とはいってもナイトゲーム専門の私には非常につらい環境。しかしこんな日ならいつものポイントはいつにも増してガラガラだろうな・・・と到着 ...

コアマンといえば「デイゲーム」のイメージが強いが、鹿児島在住であるコアマンのフィールドスタッフ越野有祐さんがナイトなシーバスには珍しいメタルジグを使って釣果を上げている。使用するメタルジグはコアマンCZ-30 ゼッタイ。岸壁ジギングで一世を風靡したあのジグ。ナ ...

DUO×COREMANということで泉裕文さんが雨のなかマニックFISH88の使い方を実釣を交えて詳しく解説。というかトップでシーバス爆釣させてます。もちろんテンションも高いです。この表層バイトの瞬間と同時にアングラーの手元を映しているのいいですね。行う操作と実際のルアー ...

コアマンからアルカリとミニカリの中間にあたるアルカリジュアニアがリリースされました。どちらも愛用していますがミニカリよりもう少し大きい方がシーバスに気付いてもらえそうだし、ジグヘッドにも馴染むんだけどな・・・とアルカリの頭を少しカットしてほどよいサイズ感 ...

いやはや、昨夜の釣行であんな事があったというのに、目が覚めたらもう次の釣行へ向けた勉強をしていました。学校の勉強もこれくらい夢中になっていれば(以下略)。邪道とfimoの企画で、大野ゆうきさんが未開拓のエリアとなる江戸川堰上シーバスを狙います。未開拓エリアな ...

長らく休んでいたブログと釣りを再開させた記念に、今月(の食費を削って)ima kosuke 110Fを購入しました。時期的にクリスマスプレゼントですね!(自分用)ナイトゲームで使うのでカラーは透け感のあるライムスタークリアー。ima kosuke 110F全長:110mm重量:17gタイプ: ...

高浮力の発砲素材AR-C SHELLにシマノが誇るAR-C重心移動システムを搭載して、高い浮力とランカーを誘う弱った動き、そして飛距離を両立させたウェイク系ルアー。最終テストではランカーシーバスを連発、大物が狙えるルアーに仕上がっている。わずか7分間の映像でも鈴木斉さん ...

↑このページのトップヘ