Home | Twitter | 釣法 | シーバス | ヒラメ | アジ | メバル | カサゴ | イカタコ | チヌグレ磯 | アカメ | 青物 | 釣行記 | 調理 | ネット

カテゴリ:シーバス

高浮力の発砲素材AR-C SHELLにシマノが誇るAR-C重心移動システムを搭載して、高い浮力とランカーを誘う弱った動き、そして飛距離を両立させたウェイク系ルアー。最終テストではランカーシーバスを連発、大物が狙えるルアーに仕上がっている。わずか7分間の映像でも鈴木斉さん ...

imaテスターの川本斗既さんが真夏の広島河川で狙うデイシーバス&チヌ。島根や広島がホームとなる川本斗既さんいわく「広島は大物が年中釣れるような印象だと思うがそんな甘いものではない」と語る。難しいとされる真夏の日中にポイントを見極める術を絡めながら、容易ではな ...

7月は釣行したいと予定をたてては、あまりの体調の悪さに何度も何度も中止になるというなかなかつらい日が続いていました。いまだ良くなっていないので短時間ですが7月後半と昨夜に少し釣行する事が出来たので、久しぶりに自身の釣りのこともブログに書けます。これは7月後半 ...

ダイワから2016年7月発売となる小沼正弥さん監修のNewルアー「ショアラインシャイナーZ セットアッパー 125S」水中映像。全長125mm、重量25.5g、フックST-46 #6トレブル、リング #3、レンジは50~100cmのシンキングタイプ。大場所(オープンエリア)を意識したハイアピール ...

ルアーの後方から襲い掛かるシーバスの強烈なバイトシーン。ルアーはメガバス X-80SW シャロー。ローリングと脱軌道アクション、前方:低重心高比重ウエイト+後方:超高比重タングステンウエイトセッティングは従来のままで1m以浅のレンジを攻略するためのNewモデル。関連記 ...

サクラマスを追い求めて30年近く九頭竜川へ通う辺見哲也さんが、今回初めてシーバス狙いで釣行することになった今回のロケ、その後編。(前編はこちら)前編では九頭竜川の瀬の中で見事シーバスを釣り上げたが後編では少し場所を変え、福井平野で日野川と合流するポイント付 ...

邪道 「ヤルキスパークリングサンダーローリングスペシャル スーサン」。開発者の村岡昌憲さんすら思い出すのに時間がかかってしまうほど正式名称が長い!通称「スーサン」の水中映像。全長75mm、重量7gと小型のリップレスシンキングミノー。公式説明にもあるように「ウォブ ...

imaプロスタッフの辺見哲也さんが九頭竜川でリバーシーバスを狙う今回の釣行。サクラマスを追い求めて30年近く九頭竜川へ通っているという辺見哲也さん。サクラマスを狙っていてスズキがヒットしたことはあるが、九頭竜川のシーバスをメインとして狙う釣行は辺見哲也さんの釣 ...

今回のルアルアチャンネルはペルビー貴子さん、ブロビス代表の宮川靖さん、そしてつり具のブンブンスタッフの皆さんで兵庫県は「尼崎フェニックス」と「鳴尾川 導流堤」の二ヶ所でシーバス釣行。「尼崎フェニックス」は有名ポイントながら、最近もコアマンの泉裕文さん、そし ...

少ない釣行のチャンスを逃してはと、夜まで降り続いた雨の中でしたが同行者(運転のみ)にお願いして少し釣り場へ連れて行ってもらいました。やはりというか、どこの釣り場も釣り人の姿は皆無。いつもは澄んで透明すぎるほどのポイントも雨の影響で濁りにくわえ木片などの浮 ...

imaプロスタッフの大野ゆうきさんがホームの東京湾奥を遠く離れ、大阪湾にシーバス遠征。まずは朝マヅメ、武庫川河口に位置する沖提の「尼崎フェニックス」へ。地形やポイントなども把握しておらずぶっつけ本番の状況に思わず「ima厳しいな」とこぼす大野ゆうきさん。時期や ...

DUOのマニックを使った「マッチザレンジ」の解説を浜名湖で高木孝さんが実践。高木孝さんの当初の読み通り、今回は大型こそ望めませんでしたがマニックがもっとも得意とする表層デッドスローでシーバスに食わせていきます。ルアーサイズ135mmでも30~40cmクラスのバイトして ...

先日のヒラスズキ釣行で最後に大物に曲げられてしまったトレブルフック。ツイッターの方に少し書きましたが、フッキングパワー不足への対応策のひとつとしてトレブルフックからシングルフックへの交換を行いました。ところが貧しい狩人はルアー用のシングルフックを持ち合わ ...

コアマンの「コアッ!Vol.29」はコアマンが好きすぎて入社した男「田古里昭彦」さんがキーマン。コアマン代表泉裕文さんと田古里昭彦さんの対談から始まります。コアマンに入って自分の釣りが大きく変わったと語る田古里昭彦さん。そんな彼が編み出した釣法ミニカリダート。 ...

昨夜はヒラスズキ狙いで釣行しました。遠くの方にアオリイカ狙いの泳がせ釣りの方が1人いるだけで静かなものでした。1箇所目はライズもアタリも得られずすぐに移動。2箇所目もライズ等の気配が全くなくこの場所にしては珍しく泥っぽい濁りまでありました。ピックアップ体勢に ...

鉄人 松岡豪之さんが12月と4月の2回に渡って東京ボートシーバスに挑みました。それぞれに状況が違うにもかかわらず、特に2回目は渋い状況の中でもルアーを使い分け、たくさんのシーバスやまさかのゲストを釣り上げました。「よく釣れるけれど発売されるかわからないルアー」 ...

今回のfimoTVは、ハク(ボラの稚魚)が群れている東京湾奥運河でima komomo II 65を使ったハクパターンの攻略を村岡昌憲さんが解説。(なんと村岡昌憲さんご本人にこの記事をTwitterでリツイートしていただきました。ありがとうございます!)komomo II 65全長65mm / 重量6g ...

先日のハイサイ探偵団「ひっちゃん」の潮干狩り映像でコラボしていた、普段はニコニコ動画で活動されている「motti」さんとそのお友達「クニ君」のシーバス沖提釣行(リベンジ3回目)がなかなか面白かったのでご紹介。リベンジ(3回目)に逸る気持ちを抑えきれないmottiさん ...

紛失したタモ探し以来のやや久しぶりとなる釣行。まだ捜索中でタモがないので釣行出来る場所が取り込みの関係で限られてしまいます。玉網がどうにかなるまで有望なポイントへ釣行することが来ませんが仕方ありません。今夜は網が無くても魚が取り込める砂利浜に立ちました。 ...

泉裕文さんと小沼正弥さんは非常に仲の良いシーバスアングラー。なんと今回その二人を対決して「どちらがシーバス釣りが上手いのか」を競わせるというのだから、ラインメーカーのSeaguarさんもまったく容赦のない企画を考えます。勝敗は釣ったシーバスの全長で勝負。オヌマン ...

小沼正弥さんと泉裕文さん、仲の良い二人が鹿児島県は川内川で行ったシーバス釣行の2日目。前回のPart.1はこちら。【シーバス】小沼正弥が見せたプロアングラーの意地!一方その頃、泉裕文は美味しく焼き肉を食べていた!?「取材は戦だと思ってるんで」とは小沼正弥さんの言 ...

海辺の狩人ツイッター始めました。釣りに関する情報や釣行の模様などツイートしていきますのでフォローお願いします。Follow @umibekari ←(こちらです)ということで、昨夜の釣行です。昨夜はガシラ(カサゴ)の煮つけが食べたくて釣行したものの、珍しく先行者がいたので ...

ECLIPSEから発売となったBalor90と、6月発売予定のKeelVib62を監修した前田泰久さんが解説。バロール90全長 90mm / 重量 13g / フック がまかつSP-MH#6 / 全13色 / レンジ 0~40cm(シンキング)表層を意識する魚に強く、浮き上がり重視で後方重心の固定ウェイト。アクション ...

今回のルアルアチャンネルはつり具のブンブンのスタッフの皆さんと釣女ちゃこさんで和歌山串本大島で磯のヒラスズキを狙いました。かなり敷居の高いイメージのある磯ヒラですが、つり具のブンブンスタッフでエバーグリーンプロスタッフでもある宮川朗さんに大物がヒット!今 ...

RED中村こと中村祐介さんが、内外出版社のルアーマガジンソルト企画「アウェイの洗礼EXTREME」で訪れた対馬の磯で、サラシの中から自己記録更新となる95センチのヒラスズキを釣り上げました。この模様は本日発売となったルアーマガジンソルト 2016年7月号 付録DVD アウェイの ...

↑このページのトップヘ