Home | Twitter | 釣法 | シーバス | ヒラメ | アジ | メバル | カサゴ | イカタコ | チヌグレ磯 | アカメ | 青物 | 釣行記 | 調理 | ネット

タグ:シーバス

しばらく海辺の狩人の更新が止まっていました。これについてその内のんびり書こうかと思っていましたが、なんと「高知の釣りブログ」さんが入院のためブログを閉じることにされたという連絡が。管理人さんとは釣り好き、病気療養という繋がりもありネット上で懇意にして頂き ...

小沼正弥さんと泉裕文さんといえばお互いに切磋琢磨し、泉裕文さんの会社コアマンの立ちあげるきっかけにも深く関わりのあるアングラー仲間でもあり永遠のライバル。そんな二人がシーガープレミアム動画で秋田県・雄物川においてシーバス3匹の全長で決着をつけるべくついに最 ...

ピュアフィッシングジャパンより発売されたばかりのOneCurrent 125Fについて性能と使い方を村岡昌憲さんがシーバス実釣と絡めて解説。なんとなくご機嫌が良さそうに見える村岡昌憲さん。これには後述する理由があるのですが、1投目からワンカレント125Fでシーバスを掛けてい ...

シマノの鈴木斉さんと平和卓也さんによる情熱対談の第3回目。第一回 【情熱対談】鈴木斉と平和卓也、同世代の二人がプロアングラーになる以前のきっかけや環境の話を熱く語る  海辺の狩人第二回 【情熱対談】同世代アングラー鈴木斉と平和卓也。釣りのプロになろうと思った ...

ヒラスズキを狙う松岡豪之さんには荒れて過酷な磯がよく似合う。そしてそんな厳しい状況に相反する心から楽しそうな笑顔も。アップロード直後から高評価で占められる、半年にわたる松岡豪之さんのヒラスズキ釣行密着映像。磯際には難しさとロマンがありました。松岡豪之さん ...

シマノの鈴木斉さんと平和卓也さん、同世代のプロアングラーによる情熱対談Vol.2。第一回 【情熱対談】鈴木斉と平和卓也、同世代の二人がプロアングラーになる以前のきっかけや環境の話を熱く語る  海辺の狩人第二回 ※この記事です第三回 【情熱対談】同世代アングラー鈴木 ...

シマノの情熱対談で同世代プロアングラーの鈴木斉さん(1973年9月23日)と平和卓也さん(1974年7月13日)が、生まれてから釣りにのめり込むようになったきっかけやプロアングラーになる以前の釣りについての話に花を咲かせました。人に歴史ありですね、いや~面白い。第一回 ...

汽水湖としては最北限となる青森県の津軽国定公園内に位置する十三湖で大野ゆうきさんがシーバスを狙う。今回はUNKNOWN WORLD VOL.2ということで映像やBGMにもいつも以上に力が入っている印象。広大な十三湖や、河川から流れ込む堰などを回り、初場所ながらいい魚を多数ヒッ ...

いつもどおり不人気ポイントでの釣行。今夜も表面上はベイトっ気のなさには相変わらず変化がなかったものの、沖で良型と思われるフィッシュイーターのボイルを釣行時間全体を通して2回確認。到着時のシーバスルアー(S.P.M.90)キャスト時にも確実に魚なアタリ1回、もう1回は魚 ...

コアマンの数ある映像の中でも泉裕文さんに匹敵する解説上手なアングラーが田古里昭彦さん。田古里さんの解説は毎回とても分かりやすく、しかも海辺の狩人のTwitterにコメントなんかも下さることがあり、すごく気になる&お手本にさせていただいているアングラーのひとりです ...

元プロ野球、阪神タイガースの関本賢太郎さんがMCを務めるトラトラフィッシングに、なんと元プロボクシング世界3階級制覇王者の長谷川穂積さんが挑戦状を叩きつけた!対決は野球でもボクシングでもなく、もちろん釣り。しかもシーバスフィッシングで勝負!関本賢太郎さんは阪 ...

SHIMANOインストラクターの泉裕文さんが樹脂ボディで新たな展開を見せるエクスセンスサルベージソリッド 70ES/85ESについて新しくなった性能の解説と実釣を披露しています。エクスセンスサルベージソリッドは従来のサルベージに比べて・樹脂ボディとなり軽比重。・ボディ部が ...

うおお・・・この対戦カードは非常に気になりますね。APIA vs ima THE DREAM BATTLE 2017 第2戦 村岡昌憲 vs 辺見哲也。夢の対決、一体どんな結果が待っているのか!?釣りに関しては映像内で語られている通りなんですがバトルという形式もまた楽しみ方の一つとしてアリだと ...

コアマンが設立10周年を迎えたそうです。おめでとうございます!10年。(泉裕文 オフィシャルブログ)さて、コアマンのアルカリ使いと言えば田古里昭彦さん。そんなアルカリダートマスターが世界で一番わかりやすいアルカリダートの具体的なコツを映像で解説してくれていま ...

ブレード系ルアーにしては珍しくシャローも攻めることができるブルーブルーのShalldus20について戸澤岳雄さんと村岡正憲さんが実釣を交えながら詳しく解説。ブレード系としては格別ともいえる飛距離が出るのにシャローを引ける謎原理の説明では思わずうなってしまいました。 ...

コアマンの泉裕文さんと島村真司さんが大阪の関電波止でVJ-16を使ったシーバス攻略。VJ-16とはコアマンから発売されているバイブレーションジグヘッド16gのこと。とにかく食わせる力が強いことで人気のルアーだが、基本はもちろん今まで語られていなかった開発者である泉裕文 ...

imaのプロスタッフ辺見哲也さんが初夏の汽水湖でウェーディングゲーム。場所は静岡県の浜名湖。辺見哲也さん自身も難関と認識するポイントでシーバスに出会うことができるのか?辺見哲也さんといえばプロデュースルアーのアイボーン。ima iBORNシリーズ楽天市場で詳細を見るA ...

更新が滞っていた間もかわりなく多くの方に訪問していただいております。どうもありがとうございます。体調の良し悪しの波こそあったものの、動けるときには釣行もしておりましたが3連続くらいのボウズが続いたりとホームの海でマイクロベイトパターンが一段落してからは随分 ...

今回のルアルアチャンネルはヒラスズキ。なんと名人松岡豪之さんが登場。仕事の早い男はタイムリミットのある沖磯でヒラスズキを連発。ルアルアチャンネル初釣果のヒラスズキだとか、さすが。松岡豪之さんが1匹目を釣ったルアーはハードコアTT リップレスミノー。DUEL HARDCO ...

ルアーマガジンソルトで村岡昌憲さんがベーシック(基本的なこと。初歩的なこと。)な事を映像にしようという企画で始まった今回の映像。なんと村岡昌憲さんは「あんまり好きな言葉じゃない」と語る。果たしてその発言の真意とは?昼の東京湾奥で水面爆発を引き出したのはガ ...

コアマンのプロスタッフ増田晃さんが教えるパワーブレードなどのブレードルアーにおけるテーリング(テールへのライン絡み・通称エビる)の解消法。ルアーのテールフックによく絡んだりしてしまう人はルアーの良否を疑う前にこれらを見直しましょう。デイゲームでは必携。歴 ...

夜にいつものポイントへ釣行。約一週間ぶりのポイントは珍しくアングラーが過密状態。最近は釣れているのかな?周辺を歩き回るもすべての有望ポイントには先行者の姿があり入れる場所がない。シーバス3人、エギング1人。(これは場所移動するしかないな)と諦めて同行者の待 ...

ジャンプライズの井上友樹さんが語ったPOPOPEN 95Fの開発秘話。マニアックなルアー構造や形成の中に実釣技術にリンクした話が多数登場するのでとても興味深く聞けた。JUMPRIZE POPOPEN 95F楽天市場で詳細を見るAmazon.co.jpで詳細を見るチャタビーも高強度を誇るハイピッチバ ...

計らずもキタングとなってしまった前回のリベンジで日没後に釣行。釣り場に到着した頃は満潮潮止まり。そこからしばらくはシーバスのライズもボイルもなかったが、やがて下げ潮が効き始めたタイミングで沖の方でライズが散見されるようになる。ライズが起きているポイントへ ...

↑このページのトップヘ