Home | Twitter | 釣法 | シーバス | ヒラメ | アジ | メバル | カサゴ | イカタコ | チヌグレ磯 | アカメ | 青物 | 釣行記 | 調理 | ネット

タグ:河川

小沼正弥さんと泉裕文さんといえばお互いに切磋琢磨し、泉裕文さんの会社コアマンの立ちあげるきっかけにも深く関わりのあるアングラー仲間でもあり永遠のライバル。そんな二人がシーガープレミアム動画で秋田県・雄物川においてシーバス3匹の全長で決着をつけるべくついに最 ...

ピュアフィッシングジャパンより発売されたばかりのOneCurrent 125Fについて性能と使い方を村岡昌憲さんがシーバス実釣と絡めて解説。なんとなくご機嫌が良さそうに見える村岡昌憲さん。これには後述する理由があるのですが、1投目からワンカレント125Fでシーバスを掛けてい ...

ブレード系ルアーにしては珍しくシャローも攻めることができるブルーブルーのShalldus20について戸澤岳雄さんと村岡正憲さんが実釣を交えながら詳しく解説。ブレード系としては格別ともいえる飛距離が出るのにシャローを引ける謎原理の説明では思わずうなってしまいました。 ...

高知の某河川にて、濱本国彦さん(香川)と、やんやんこと北添貴行さん(高知)の二人がシーバスを狙う。地元アングラーならお馴染みだが、魚影は濃くも杭が多かったりと難しいポイントにて二人はどんな釣りを展開するのか?そして高知といえば忘れてはいけないあの魚「アカ ...

ランカーサイズのシーバスが有望とされる広島の河川で松尾道洋さんと川本斗既さんが橋脚とオープンエリアに分かれてのリバーシーバス攻略。シーバスの狙い方や各種ルアーの使い方はもちろん、松尾さん、川本さん両者のお互いのアングラーとしての印象まで深く語ります。いか ...

いやはや、昨夜の釣行であんな事があったというのに、目が覚めたらもう次の釣行へ向けた勉強をしていました。学校の勉強もこれくらい夢中になっていれば(以下略)。邪道とfimoの企画で、大野ゆうきさんが未開拓のエリアとなる江戸川堰上シーバスを狙います。未開拓エリアな ...

高浮力の発砲素材AR-C SHELLにシマノが誇るAR-C重心移動システムを搭載して、高い浮力とランカーを誘う弱った動き、そして飛距離を両立させたウェイク系ルアー。最終テストではランカーシーバスを連発、大物が狙えるルアーに仕上がっている。わずか7分間の映像でも鈴木斉さん ...

2015年はアカメの当たり年だと思っていましたが、今年2016年も高知のアカメは熱かった!アカメ!!遂に獲ったぞぉぉぉ!!!! pic.twitter.com/zpgnMZwxPh— drop (@aquatripper) 2016年8月27日アベントゥーラ59。初めてのツクナレ・アスーをもたらしてくれた竿であり、今回 ...

サクラマスを追い求めて30年近く九頭竜川へ通う辺見哲也さんが、今回初めてシーバス狙いで釣行することになった今回のロケ、その後編。(前編はこちら)前編では九頭竜川の瀬の中で見事シーバスを釣り上げたが後編では少し場所を変え、福井平野で日野川と合流するポイント付 ...

imaプロスタッフの辺見哲也さんが九頭竜川でリバーシーバスを狙う今回の釣行。サクラマスを追い求めて30年近く九頭竜川へ通っているという辺見哲也さん。サクラマスを狙っていてスズキがヒットしたことはあるが、九頭竜川のシーバスをメインとして狙う釣行は辺見哲也さんの釣 ...

今回のルアルアチャンネルでは、オヌマンこと小沼正弥さん指導の元でリバーシバスの攻略。ペルビー貴子さんにもシーバスの何度かバイトが。シーバスをある程度されている方なら誰もが経験する「ボイルはあるのにヒットに持ち込めない」あの状況を小沼正弥さんがあの手この手 ...

シーバスはルアーにスレる(飽きる)魚だと言われています。同じルアー、同じ軌道、同じアクション、また無駄に投げ続ける事はデメリットでしかないとされており、シーバスアングラーはポイントに着いて何投かして反応が無ければすぐに次のポイントへ移動していく「ラン&ガ ...

邪道プロスタッフ、村岡昌憲さんによる雨後で濁りの入った河川の浅場にルアーを通してシーバスに出会う技術。(画像引用元:fimoTV、邪道 Graver Hi 89S)村岡昌憲さんが語られたポイントをまとめると・・・・雨で水色が濁ると魚が浅瀬まで入ってくる。・シャローに寄ってく ...

邪道プロスタッフでもある大野ゆうきさんがfimoTVで魅せた河川におけるシーバスデイゲーム。(画像引用元:fimoTV、大野ゆうきさん)【fimoTV】大野ゆうきが夏の河川デイゲームを指南!ランカー出現 大野流チビ冷音 使用法解説~邪道プロスタッフ技大全その6~ [PR]今回の動 ...

↑このページのトップヘ