2015年04月07日

昨夜の福島港で釣れた「ガシラ(カサゴ)」と「トカゲゴチ」をから揚げにしました。
(腰に持病のある私に代わって、いつものように同行者が調理してくれました)
2015040701
小麦粉をまぶし、少ない油でさっと揚げてくれました。
2度揚げをして骨も頭も丸ごと食べる、というのも良いですが、今回は極力小骨を取り去ってくれているので、少ない油、短い揚げ時間でヘルシー志向な揚げ物に。

写真左の細い2本がトカゲゴチ、右の太く白い身がガシラです。
ポン酢に生姜とネギの薬味を合わせていただきます。


むむっ!美味しい!

小骨を取り去る作業が大変そうで申し訳なかったですが、ライトな揚げ具合なので身の柔らかさや風味が損なわれていません。

ガシラはアッサリしていていつも通りの安定した絶対的な美味しさ

そして、トカゲゴチ
捌いた時はガシラに比べ、身が柔らかで崩れやすく、出来上がりが心配されましたが、同じ底モノでもさらにコクを足したような、ガシラ以上の深い味わいがあり、調理中に柔らかすぎると感じられた身も、揚げることで引き締まり、ちょうど良い食べごたえに仕上がっており、フライという調理法はとても合っていると思いました。

うーん、これはしばらくトカゲゴチ漁師になる予感!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします