東京シーバスネットの村岡昌憲さんが、前日のブログ更新で、
拡散して多くの方に知ってほしいとしていた内容が公開されていました。
キャッチアンドリリース派の方は是非ご一読を。

村岡さんによると
(独)水産総合研究センター増養殖研究所 坪井潤一さんが2015年SFPCで発表された研究結果。
SFPCというのはオフショアの釣り具ショーのような催しだそうです。

・全個体に標識をつける。(対象魚はイワナ)
・ブドウムシを使った餌釣り
・針を飲まれたら糸を切ってリリース

2015041503
(画像引用元:水産総合研究センター増養殖研究所 坪井潤一さん、村岡昌憲さん)


その結果、

93.5%(72/77個体)が生存していて
68.8%(53/77個体)が糸切り後に釣られた

イワナの体内に残留した針は、22日で針が錆び始め、53日で体外へ排出される。

研究のまとめとして、
・針を飲まれても、糸を切って再放流すると生存率は飛躍的に増加する。
・糸切りリリース後でも、再び釣られる
・針は53日後に排出される。



これを読んで驚いたのは、イワナの針に対する対応力である。

人間は魚が針が付いたままでは死んでしまうのではと考える。
そして無理に針を外して失血死させてしまうケース、針を外すために素手で魚を掴んで火傷を起こさせてしまうケースなどがあり、いずれもリリース後の生存率の低下の原因になっていた。
が、この発表だと、口のすぐ上で釣り糸を切って触らずにリリースした時の生存率はかなり高い事を示している。
海の釣りでもルアーフィッシングのトレブルフックはまた別問題だろうが、投げ釣りなどで針を飲まれた時は、糸を切ってリリースすれば同じような結果になる可能性が高いように思う。
多くの人に見て欲しいので、SFPCでの展示発表を紹介させて頂きました。

(引用元:東京シーバスネット 村岡昌憲さん)
http://www.fimosw.com/u/tsn/1fppshstrxe6ej


リリース方法は人間の思い込みで、勝手に良否の判断をしてる場合が殆どだったと思います。
実際、魚に適したリリース方法を探る上で、とても意味のある研究結果。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします